くらしの風水運気アップ

「トイレを整えること」は人生にどんな意味をもたらすのか


(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

トイレの日はいつかご存知ですか?
日本では11月10日(イイ、トイレ)なのだそうです。実は日本のトイレの日を知ってか知らずか、2001年に国連が「世界トイレの日」として定めたのが11月19日なのだそう。

微妙に近い!とつっこみたくなりますが、背景を理解すると笑ってもいられません。世界にはトイレのない地域に暮らしている人がまだ20億人もいて、その人たちが衛生的で安全に暮らしていくためにはトイレの設置の重要性を訴える必要があるということなのですね。

前置きが長くなりましたが、大事なトイレの存在。今回はあらためてトイレの風水について解説してみたいと思います。

トイレを整えていくことで、「健康面」「金銭面」だけでなく「深層心理」にもよい作用が期待できる!?

いつも綺麗にしているので問題ないという方も、これを知ることでお掃除のモチベーションが高まるのではないでしょうか。
 

  1. トイレを整えると「健康面」にプラスに作用する
  2. トイレを整えると「金銭面」にプラスに作用する
  3. トイレを整えると「深層心理」にプラスに作用する

健康面、金銭面はなんとなくわかるけれど、深層心理って何?と思われるかもしれませんね。順に説明していきます。

1.トイレを整えると「健康面」にプラスに作用する

トイレは体内の不浄なものを流す場所です。この場所が不衛生な状態であれば、不浄なものを常に浴びることになります。適切な明るさがあり、清潔な状態に保たれていれば、排泄物の状態から病気に早く気づくこともできます。また、空間がすっきりと整頓されている状態は、体内のすっきりした感覚ともシンクロしやすくなります。トイレを清潔にし、余計なものがない状態にすることで便秘の解消など、トイレに滞在する時間を短くする可能性もありますよ。

2.トイレを整えると「金銭面」にプラスに作用する

水の流れはお金の流れと関係しています。トイレだけ掃除をすれば財運が高まるということではありませんが、汚れたトイレに金運が流れづらいのは確かだと思います。
私の経験からも、財運に恵まれている方々のお宅はたいていトイレが美しいですね。綺麗にお掃除がされていることに加え、トイレに関しては余計なものを置かないという点が共通しています。

3.トイレを整えると「深層心理」にプラスに作用する

深層心理において、トイレは「古い思考を手放す場所」という解釈があります。これは何を意味するかというと、トイレまでの動線やトイレの中に障害物があって入りづらい状態があれば、古い思考を手放せず、人生においてネガティブな滞りが生まれてやすくなるということ。通路が狭い、ドア付近のモノが邪魔をしていないかも確認してください。またトイレが汚れているため、トイレに行く回数が減っているということもあるかもしれません。意識がトイレにいくことをブロックしていたらすぐに改善を。古い思考を手放せることの恩恵をぜひ味わってください。

トイレの風水Q&A「これって本当?」知っておくとよい6つのポイント

トイレが美しく整えられることの恩恵がわかったところで、あらためてトイレの整え方を一緒に確認していきましょう。
 

  • Q1.トイレの蓋は閉めないと散財するというのは本当?
  • Q2.トイレに窓がないときにはフェイクグリーンを飾ってもいいって本当?
  • Q3.便座カバーはしない方がよいというのは本当?
  • Q4.トイレにカレンダーを飾らないほうがよいというのは本当?
  • Q5.ブルーや黒のタオルはよくないというのは本当?
  • Q6.トイレのドアは完全に開閉できるほうがよいって本当?

綺麗にお掃除をして清潔な空間にすることはみなさんご存知だと思いますので今回は割愛します。その上で、知っておいていただけるとよい6つのポイントをお伝えしていきます。

Q1.トイレの蓋は閉めないと散財するというのは本当?

→本当です!
水の流れはお金の流れに作用していきますので、水回りの状態は財運に影響していきます。トイレの蓋が開いたままになっていると、そこから「お金が流れ出ていく」方向性が空間に生じてしまいます。男性がいらっしゃるご家庭でこの習慣をつけるのが難しいという場合も、蓋をしめることを実践してみてください。散財を防ぐことにつながります。

Q2.トイレに窓がないときにはフェイクグリーンを飾ってもいいって本当?

→本当です!

トイレに窓があれば小さな観葉植物を配置することで、より健康的で気持ちの良い空間に保つことができます。窓がないと植物は育ちづらいため、かわりにフェイクグリーンを用いるのも効果があります。その時、いかにもプラスチックなもの、ドライフラワーは避け、本物のように見える生き生きしたフェイクグリーンを選びましょう。植物のモチーフは健康や若さと結びつくシンボルなので、トイレに安心して用いることができますよ。

Q3.便座カバーはしない方がよいというのは本当?

→本当です!
といっても、蓋カバーや足元のマットは状況やお好みに応じて使用してかまいません。便座カバーは、不浄なエネルギーを吸収してしまいますから、肌に触れるものとして好ましくないというのがおすすめしない理由です。マットやカバーは特性上「ためる」性質があります。トイレの場合は不浄なエネルギーをためる働きになってしまうので、できればない方がいいですね。ただし、寒い地域などで健康上必要な場合はその限りではありません。まめに洗って天日干ししていただければよいと思います。

Q4.トイレにカレンダーを飾らないほうがよいというのは本当?

→本当です!
とくに、予定が書き込まれたカレンダーは避けてください。繰り返しになりますが、トイレには不浄なエネルギーが立ち昇りますから、「個人的なもの」を配置するのはおすすめできません。家族写真、お子さんの作品なども個人的なものですので、もしもあったら取り外してみて。その上で美しい風景のカレンダーなら飾ってもよいと思います。ただし、ページの多い紙製のカレンダーがトイレの空間にあるというのは、あまり良い氣をもたらすアイテムとはなりえません。小さなアートのように便座から離れた位置に配置できるようなものならよいかもしれません。

Q5.青や黒のタオルはよくないというのは本当?

→本当です!
青や黒という色は「水」を表す色。陰陽五行の「五行」=木・火・土・金・水のバランスを整えるために、すでに水が存在するトイレにおいて、青や黒を多用するとバランスが悪くなってしまいます。多すぎる「水」の要素はメンタルに影響するため、水を吸い取る「土」のカラーである、ベージュやイエロー、カーキなどの色を使うとよいでしょう。(ただし壁の色が「土」系の色合いの場合、ブルーのタオルが美しくバランスが取ることもあります。)

Q6.トイレのドアは完全に開閉できるほうがよいって本当?

→本当です!
トイレは体の中の不浄なものを流す場所であり、深層心理では古い思考を流す場所です。トイレまでのアクセスが悪く障害物が邪魔をしてドアの開閉がうまくできないような場合は、改善をすることで健康面や思考の面でのブロックを解消することになるかもしれません。また、ドアは通常は閉めておいてくださいね。近くにキッチンや玄関がある場合などはとくに不浄なエネルギーを流れださないようにすることが大切です。

いかがでしたでしょうか。
知識は知識として、こまめにお掃除をしてシンプルに整えておくように心がけてみてください。ご参考になりましたら幸いです。

 

リバティーエステートでは、インテリアデザイナーが提案したリノベーション物件をご紹介しています。売主物件なので仲介手数料無料、リノベーション費用込なのにリーズナブルな価格帯!
是非当社の掲載物件をご覧になってみてください!↓↓↓↓↓

リバティーエステート