インテリア術くらしの風水

ステイホームを快適にする風水のヒント


(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

長引くコロナ禍でリモートワークのウエイトがますます増えていますよね。外出も制限される中、「居場所がない!」という悲鳴も聞こえてきます。これまでは当面は仕方がないと思っていた方も、家の環境の見直しが切実なテーマになっているのではないでしょうか。住空間におこる「不自由」は、その人の人生の流れにもネガティブな影響を及ぼしていきます。でもご安心ください。今の状況を改善する方法はありますよ。今回はステイホームを快適にする風水のヒントをお伝えします。

ゆっくり邪魔されずに過ごす「自分だけ」のスペースを確保しよう

まず、自分だけのスペースが欲しいと感じるのはごく自然なことです。家族なのだからすべて共用でもよいと思われるかもしれませんが、そうではありません。これまでは家族全員が揃うのは夜か週末。共用スペースが混雑することはなかったかもしれませんが、リモートワークが推進される中、夫婦ともに在宅ワークとなる日も増えていくと思います。一緒に暮らす人も一人ひとりの人間。ずっと一緒に仲良くという訳にはいきませんよね。一人の時間をもつ「自由」があるほうが「一緒の愉しみ」も生まれます。家はその両面の時間を豊かにすることのできる空間です。コロナ禍で浮かび上がった自宅の空間の課題は、むしろ人間らしい生活空間に正していくチャンスかもしれません。「自分だけの空間」を互いに作ることがステイホームを快適にする1番の早道になると言えます。

在宅時間が豊かになる!簡単「自宅改造」のアイデア

仕事にも集中でき、かつ、仕事を離れた時間はリラックスできるよう、メリハリをつけて家を見直していきましょう。一つは「自分だけのスペース」をつくること。もう一つは、リラックスタイムを充実するようにすること。この二つを実現するアイデアをご紹介します。
 

  1. 家の中に畳半畳のスペースがあれば可能
  2. 「一人用」のカウンターテーブル&チェア/こたつが活躍
  3. パウダールームを最高のリラックス空間に変える
  4. 使っていない家具とモノは断捨離して新生活に対応しよう

順に説明していきます。

1.家の中に畳半畳のスペースがあれば可能

リモートワーク用のスペースは、実は畳半分くらいあればできます。物置のように使っていないお部屋があれば書斎に転用しやすいですが、そうしたお部屋がなくても大丈夫です。お部屋のコーナーのどこか1つを書斎スペースにしていきましょう。畳半畳ですから、家具の移動のやりくりも最小限になると思います。リビングやダイニングの一角であれば、パーテーションがわりになる棚を配置することや、木製の突っ張りパーテーションなどを立てることで、半個室的に仕切ることも可能です。コーナーをつかって、3つの面が仕切られていれば、自分だけの落ち着いた空間を得ることができると思います。座る方向は壁に背をつけるようにします。そうすることで風水の効果をより享受することができます。

2.「一人用」のカウンターテーブル&チェア/こたつが活躍

次に自分だけの机と椅子を用意します。このとき、カフェにある小さなテーブルとチェアをイメージしてみてください。「一人用カウンターテーブル・チェア」を検索してみると、おしゃれなものもいろいろでてきます。家の一角が一気にカフェインテリアに様変わりするかもしれません。また、「一人用こたつ」もおすすめ。寒い冬には恋しくなるほど自分だけのとっておきの居場所になりそうです。机には書類やPC類の要塞を築かないこと。フレキシブルに動かせ、常に片付けられるようにすることが空間の氣を高めるポイントになります。

3.パウダールームを「脱生活感!」最高のリラックス空間に変える


家での仕事時間の充実とともに、大事なのはリラックスする時間の充実です。在宅時間が長くなると、環境の変化や刺激が少なくなってしまうことはデメリット。家の中を流れる「生活感」なども倦怠感やストレスを生みます。そこで、パウダールームは思いきり生活感のないホテルライクな空間にしてみましょう。パウダールームだけであればリゾートホテルなどを手本にリニューアルすることはそう難しくありません。生活感のあるものは扉のあるキャビネットに収納し、プラスチックのカゴは籐のカゴにしたり、タオルを同じものに新調したりします。また、入浴剤や各地の温泉の素などを選べるよう、カゴに並べてみるとお風呂タイムが楽しみになります。アロマやミュージック、浴室照明なども見直していくと、お風呂時間の質が格段に上がりますよ。

4.使っていない家具とモノは断捨離して新生活に対応しよう

家が狭くてどうにも難しいと思っていらっしゃる方であっても、モノが置かれただけのテーブルや読むことのない本がつまった本棚など、家の中にはすでに使われていないものがあることにも意識を向けてみてください。トランクルームを活用されている人が収納しているものは、書籍・雑誌、季節の服、季節の家電、ゴルフやスキー用具、スーツケースなどだそう。でもよく考えてみると、服も家電もスポーツ用品も、すぐに型落ちしていきますよね。数年たてば性能のよいものが安く市場にでてきます。今はメルカリなどフリマサービスを使えば古いものを手放し新しいものをその都度手に入れることができます。つまり、家の中に留めておく必要がないものを大事に所有している可能性があるということ。新しい時代にはこうした習慣も見直すチャンス。思い切って断捨離し、空間を生み出しましょう。そうしていくと、リモートワークのスペースの隣にトレーニングマシンを一つ配置することもできるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
新しい生活の潮流は思うよりも身軽でフレキシブルになっていきます。居心地の良さを軸におき、省スペースであっても「自分だけの空間」をつくってみてください。

(風水コンサルタント フジワラユカ)