リノベーションコラム一覧

リノベーションコラム一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

20代で住宅ローンを組む! メリットと注意点は?

20代で住宅ローンを組む! メリットと注意点は?

「家賃を払うくらいなら家を購入したほうが良い」。このようなお考えの方は多いはずです。
どうせ払うなら資産となるものに払いたいというのも理解できることです。

始めから家賃相当の金額を住宅ローン支払いに充てるようにすることが、生きたお金の使い方です。
こうした考えから働き始めの20代のうちに購入することが一番損をしないということになるでしょう。資産を得るための出費となれば出し惜しむこともないはずです。



新婚カップルの中古マンション購入 注意点5つ

新婚カップルの中古マンション購入 注意点5つ

結婚を機に新居に移り住むことは多くのカップルが経験することではないでしょうか。
新しく住む住居はどんなところが良いか、間取りや設備はどんなものが良いかなど選ぶことにワクワクするものです。

そこでおすすめするのが中古マンションの購入です。「どうせ家賃を払うなら購入して将来の資産にしたい」。



賃貸派?それとも購入派? 20代の中古マンション家探し

賃貸派?それとも購入派? 20代の中古マンション家探し

20代の方々にとっては毎月の家賃はかなりの負担でしょう。家賃は支出でしかないもの。
払った後には何も残りません。

一方物件を購入してしまえば、月々のローン返済で将来的には所有できることになり、後々の家賃支払いがなくなることになります。
余計な出費を抑え、堅実に生きたい20代の方はこのまま賃貸に住むか物件を購入するか悩まれると思います。



20代で中古マンションを購入するメリットとデメリット

20代で中古マンションを購入するメリットとデメリット

「マンション購入は収入が増えてから」「生活が安定してから」などと感じる方が多い一方で、「20代のうちに中古マンションを買ってしまおう」と考える方もいます。
そこで20代の方が不動産を購入する場合のいくつかのメリットやデメリットを紹介し、中古マンション購入時のご参考としていただければと思います。



安くて良い中古マンションを探すときの内見のポイント

安くて良い中古マンションを探すときの内見のポイント

マンションを探す際、予算がひとつのポイントになります。
その予算にあまり余裕がない場合、安くて良い物件を探すためには内見が非常に重要になってきます。

ここでは、安くて良い物件探しで成功するために、気になる部屋を訪れる“内見”のポイントをご紹介します。



TOP