収納暮らし

ストレス知らず! クローゼットの中をすっきり片付けるコツ

ストレス知らず! クローゼットの中をすっきり片付けるコツ

衣類をついつい詰め込みすぎて、ゴチャゴチャと使いづらい状態になりやすいのがクローゼットです。
クローゼットの中が散らかっていると、急いでいるときなどに目的の衣類などを見つけられず日々のストレスにつながります。
クローゼットの中をすっきりと片付いた状態にするためのコツを知っておきましょう。

不要なものを処分する

衣類やファッション小物など、クローゼットに収納しておきたいものたちは、季節ごとに買い足すことが多いですよね。
しかし定期的に買い足しをする一方で、不要なものを処分する習慣がない方は少なくありません。
これではクローゼットの中身は増える一方です。どんなに整理整頓しようと思っても、ものが多すぎてはゴチャゴチャしてしまって当たり前。
定期的にクローゼットの中をチェックして、着ていない衣類や使わなくなったものなどを処分するのが大切です。

ハンガーを統一する

ストレス知らず! クローゼットの中をすっきり片付けるコツ

ハンガーが足りなくなって買い足すということを繰り返し、クローゼットの中に掛けられているハンガーの素材や色、形状がバラバラになっていないでしょうか?
形状や使い方に応じて数種類のハンガーを使い分けるのは良いのですが、同じ形のハンガーにもいろいろな種類が入り混じっていたのでは、使いづらいうえに見た目も良くありません。
クローゼット内を同じメーカーの同じ素材、同じシリーズのハンガーで統一すると、それだけでかなりすっきりとした印象になるのでおすすめです。

収納場所のルールを決める

「上着やスーツ、ワンピースはハンガーに掛けてバーに」「下着やニット類は畳んで引き出しに」などといった具合に大まかな収納場所はもちろん決めていると思います。
しかし、そのルールが大雑把すぎると、使っているうちにあれこれ入り乱れて、どこに何があるかわからなくなってしまいます。
引き出しごとに何を入れるか、バーのどのあたりに何をかけるかを細かく決めて、使った後はその位置に戻すことを心がけましょう。大きめの洗濯ばさみなどでバーに仕切りを作るとわかりやすいですよ。
また、急いでいるときなどのために、クローゼット内にカゴなどを置いて一時的にそこに片付けられるようにしておけば、後から落ち着いてルールに沿った収納をすることができます。

まとめ

クローゼットの中をすっきりと片付けるためのコツをご紹介しました。すっきりとして、どこに何が収納されているか一目瞭然なクローゼットなら、日々の洋服選びも楽しくなるしおしゃれの幅も広がります。

また、どんな衣類を持っているのかを把握していれば買い足すべきものを見極めやすく、「同じような服を持っていたのに、また買ってしまった……」などという失敗も少なくなるでしょう。
ここでご紹介したコツを参考にして、ぜひクローゼットの中がすっきり片付いた状態をキープしてくださいね。