デザイン暮らし

お部屋に合わせて選ぼう! 照明器具の種類と特徴

お部屋に合わせて選ぼう! 照明器具の種類と特徴

快適な住まい作りには、空間に適した照明選びが欠かせません。しかし、照明器具にはいろいろな種類があって、どれを選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、一般的な住まいで使用される主な照明器具の種類と特徴をご紹介します。

天井に設置する照明器具

・シーリングライト
天井面に直接取り付けるタイプの照明器具です。近年はLEDを光源とするものが増えています。室内全体を明るく照らすため、リビングなど居室のメイン照明として用いられることが多いです。

・ダウンライト
天井に埋め込んで取り付けるタイプの小型の照明器具です。天井面がフラットになるため、すっきりと洗練されたインテリアに似合います。また、あたたかみのある雰囲気にもなります。照らす範囲が狭いため、廊下やトイレなど狭い空間以外では、補助的な照明として用いられることが多いです。

・ペンダントライト
天井からコードやチェーンなどで吊り下げるタイプの照明器具です。照明の位置がシーリングライトと比べて低くなるため、照らす範囲は狭く、光は明るくなりやすいです。照明に存在感があるため、インテリア性が高くなります。ダイニングテーブルの上などに設置されることが多いです。

・シャンデリア
天井からコードやチェーンなどで吊り下げる、複数の光源を持ち装飾的な照明器具です。大きく重量があるため、設置する天井には高さや強度が求められます。洋風なインテリアを取り入れた部屋や吹き抜けなど、華やかさを演出したい空間に用いられることが多いです。

壁や床などに設置する照明器具

・ブラケットライト
壁に取り付けるタイプの照明器具です。全体照明と組み合わせて補助的に使うことでアクセントとなり、立体的な空間作りに役立ちます。補助照明が必要な玄関付近や階段、吹き抜け、リビングなどに用いられることが多いです。

・スタンドライト
床やテーブル、棚の上などに置いて使用するタイプの照明器具です。床に置いて使用するものをフロアスタンドライト、テーブルなどの上に置いて使用するものをテーブルスタンドライトと言います。コンセントさえあれば、すぐに移動させることができるため使い勝手が良い照明です。フロアスタンドライトは部屋の隅などの補助照明に、テーブルスタンドライトは手元照明用に使われることが多いです。また、空間のアクセントとしても用いられます。

・フットライト
足元を照らす照明器具です。壁に取り付けるものと、コンセントに差して使用するものがあります。廊下や階段、寝室などに用いられることが多いです。

まとめ

お部屋に合わせて選ぼう! 照明器具の種類と特徴

ひとくちに「照明器具」といっても、設置場所や設置方法などの違いによってさまざまな種類があることがお分かりいただけたかと思います。
例えば同じ天井に設置する照明でも、シーリングライトとペンダントライトでは、照らす範囲や明るさにかなりの違いがあり、部屋の雰囲気も大きく変わってきます。
この記事で紹介した内容などを参考にそれぞれの照明器具の特徴を理解して、設置する空間の用途やインテリア演出に合わせ、最適な照明器具を選びましょう。