デザイン暮らし

板壁でナチュラルな雰囲気に! 壁に穴を開けなくても大丈夫

板壁でナチュラルな雰囲気に! 壁に穴を開けなくても大丈夫

「壁にいろいろ物を飾りたいけど壁に穴を開けたくない」という考えの方も多いと思います。そのような方には「板壁」の設置がおすすめです。部屋の壁の前に一枚、板の壁を設置することになるので思う存分ネジや釘を壁に差し込むことができるようになります。
ここでは、板壁を設置する方法と、インテリアとしての活用法をご紹介します。

板壁を設置する方法

板壁の設置と聞くと、「板壁を設置するために壁に穴を開けなくちゃいけないんじゃないの?」と疑う方もいると思います。しかし、板壁は部屋の壁に穴を開けることなく設置することができますので心配いりません。そのため賃貸であっても安心して設置することができます。

壁に穴を開けずに板壁を設置するためには、つっぱり棒を使う必要があります。この際使うのはハンガーなどを吊るすための細いつっぱり棒ではなく、床と天井の間に挟むタイプの、より頑丈なタイプのものを使いましょう(ディアウォールという製品がありますので、参考にしてください)。
つっぱり棒を床と天井に挟み固定し、設置したい板壁をつっぱり棒の表面にあてがい、つっぱり棒に向けて釘を打つことで固定します。そうすることで壁に穴を開けることなく板壁を設置することができるのです。

板壁の活用アイデア

板壁は設置するだけでインテリアとしてお部屋のおしゃれ度をアップさせることができるものです。無機質な白い壁ではなく、木製の板壁になるだけで、お部屋の雰囲気は大きく変わります。
しかし、せっかく板壁を設置したのであれば板壁を活用したいですよね。板壁を活用するためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

・絵や写真などを飾る
額縁に入った絵や写真を飾るには、壁に穴を開けて固定する必要がありました。画びょうなどの小さな穴なら問題ないかもしれませんが、いくつも飾るとなると小さな穴でも目立ってしまうようになり、賃貸ではなかなか実現が難しいかもしれません。
板壁であれば板に穴を開けるだけですので、額に入った絵や写真を思う存分飾ることができます。

・壁掛け棚を設置する
壁に固定するタイプの棚も、板壁を設置することで壁に穴を開けることなく導入可能です。板壁と同じような木目調の棚にすることでお部屋の雰囲気がよりおしゃれな感じになりますよ。壁掛け棚の上にいろいろなものを飾ることができますので、自分好みの空間を実現できます。

板壁でナチュラルな雰囲気に! 壁に穴を開けなくても大丈夫

まとめ

壁のデザインを少し変えるだけで、お部屋の雰囲気はがらりと変わるものです。しかし壁をいじるというのは大掛かりな変更になりがちで、なかなか実現できなかったという方も多いと思います。
板壁を活用することで壁の雰囲気を簡単に変えることができるようになります。アイデア次第では部屋の壁に穴を開けることなく設置することも可能ですし、誰でも簡単に取り入れることができます。
お部屋の雰囲気を変えたいと考えている方は、ここで紹介したことを参考にして板壁の導入を検討してみてはいかがでしょうか。