デザイン暮らし

おしゃれな家に住みたい! リビングインテリアのコーディネートポイント5つ

おしゃれな家に住みたい! リビングインテリアのコーディネートポイント5

マンションを買ったら、素敵にリビングをコーディネートしておしゃれな空間を作りたいものですよね。
中古マンションで多いのは、リビングとダイニングが一体になったリビングダイニングタイプ。

その為、家具の配置の仕方によってリビングが狭く見えてしまうこともあります。
家族が集まるリビングを居心地の良い空間にするための、リビングコーディネートのポイントを5つご紹介します。

1. 家具は低め、小さめを選ぶ

背の高い大きな家具は、部屋に圧迫感を生みだします。
リビングダイニングを開放感ある空間にするために、テーブルやシェルフ、AVボードなどは背の低いものを選ぶのが大切です。

収納を考えて大きなものを選ぶのではなく、あえて1サイズ小さなものを選んでみましょう。空間を広く確保できる上に、視界が広がることで部屋が広く感じられるようになります。
また、まばらに家具が点在するのと一か所に集まっているのでは、一か所に集まっているほうが整然と整って見えます。

家具を一か所に集めることで、部屋に入って真っ先に視線が行く「フォーカルポイント」を作るのです。
すると、部屋が広く見えるだけではなく、コーディネートにメリハリをつけることもできますよ

2. 明るい色を意識する

部屋は、明るい色を基調としたほうがより広く見えます。
モノトーンを基調とする場合でも、白の面積を多く取っておいたほうが圧迫感が減り、リラックスできる空間に。
重厚な雰囲気の家具を置く場合も、なるべく明るい色が空間に多くなるようにしましょう。

パステルカラーは部屋の雰囲気を明るくするだけでなく、空間を広く感じさせる効果があるのでリビングにおすすめのカラーです。
また、使う色は3色までに抑え、同系色で揃えると統一感を出すことができますよ。1色を差し色にして、より洗練された空間を目指しましょう。

3. 間接照明を使う

部屋に置くだけで、グッとおしゃれに見せてくれるインテリアと言えば「間接照明」です。
ダイニングなどの明るさが必要な場所ではあまり使えませんが、雰囲気づくりが大切なリビングにはピッタリ。

間接照明の光によって部屋に陰影と立体感が生まれ、洗練された印象を与えてくれます。
さらに、間接照明の淡い光には、心を穏やかにしてくれるリラックス効果もありますよ。

4. ソファを置くなら丸いフォルムがおすすめ

リビングでくつろぐ際に欠かせないものと言えばソファ。
座り心地の良いふわふわのソファは、家族が集まるのに最適のスペースです。

リビングに置くソファは、丸みのあるデザインのものがおすすめです。
丸いフォルムを選ぶことで、部屋の雰囲気を柔らかいものにしてくれます。

5.大きなラグを敷かない

大きなラグを敷かない

リビングの大部分を占め、空間をおしゃれに演出してくれるラグ。
しかし、あまり大きなラグを敷くと部屋が区切られているように感じられ、狭く見えてしまいます。
床の色をダイニングから一続きにすると空間を広く感じさせることができるので、あえてラグを置かないという演出もおすすめです。

いかがでしたか?
リビングコーディネートのポイントは統一感を出すこと。
統一感を意識した上で今回ご紹介したポイントを意識し、広く、居心地の良いリビング空間をデザインしていきましょう。