デザイン暮らし

マンションのキッチンリフォームで注意すべき点は?

マンションのキッチンリフォームで注意すべき点は?

マンションのキッチンは限られた間取りやスペースであるがゆえに使いづらさや風通しの悪さなどの不満を感じやすいもの。
リフォームで少しでも快適なキッチンにしたいと考える方も多いでしょう。マンションのキッチンリフォームでは、一戸建てとは異なるマンション特有の注意点がいくつかあります。

ここでは、キッチンリフォームを成功させて理想のキッチンにするために押さえておきたい注意点をご紹介します。

まずは管理規約をしっかり確認する

キッチンに限らず、マンションのリフォームではあらかじめ管理規約でできることとできないことを確認しておくことが大切です。

管理規約には、リフォームできる範囲や使用できる建材などについて記載されていることが多く、マンションによってはリフォームに際して管理組合の承認が必要な場合もあります。
キッチンリフォームに関して言えば、水回りの位置変更などが管理規約で禁止または制限されているケースは少なくありません。

また、電気容量やガス給湯器のサイズに制限があることも考えられるでしょう。
キッチンリフォームを検討しはじめたら、できるだけ早い段階で管理会社または管理組合に相談してみることをお勧めします。

マンションの構造を確認する

管理規約に水回りの移動を制限されていないとしても、マンションの構造によってはそもそもキッチンの位置変更が難しくなります。
二重床で床下に余裕がある場合は移動が可能ですが、床下に空間がない場合はキッチンの場所を移動するリフォームは難しくなります。

特に古いマンションはこのような構造になっていることが多いです。
まずは業者に図面を見せて確認してもらい、希望のレイアウトやプランがどこまで実現できるのかを相談しながら検討すると良いでしょう。

電気やガスの容量を考慮する

アイデア4:既製品にちょこっとDIYでおしゃれに

マンションでは建物全体の電気の供給量に限りがあるため、一戸あたりに供給できる電気容量に上限があります。
例えば、キッチンリフォームに際して、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更したり、新たに食洗機などを導入したいというケースは多いでしょう。

そのために、電気容量を上げる必要が生じることもあります。
容量を上げることが可能かどうかあらかじめ確認しておくとともに、リフォームプランを検討する際には、必要になる電気やガスの容量を考慮したプランにするのが大切です。

まとめ

マンションのキッチンリフォームで注意すべき点についてお伝えしました。
どんなリフォームが可能なのかをあらかじめしっかりと確認したうえでリフォームプランを立てれば、理想的なキッチンを実現しやすくなるはずです。

ぜひ参考になさってください。