デザイン暮らし

キッチンにパントリー導入で得られるメリットとは?

「ペット可」と「ペット共生型」 のマンションの違い

キッチンの収納に困っている人は、パントリーの導入がおすすめです。
しかし、日本ではパントリーの認識はまだまだ浅く、そのメリットを知らないという方も多いようです。
そこで今回は、パントリーの概要やそのメリットなどをまとめてみました。

パントリーとは?

パントリーは、キッチンに設置する収納棚のことで、食べ物や飲み物をたっぷり保管することができるものです。
海外の文化では、当たり前になっているのですが、日本ではあまり見かけません。
しかし、パントリーにはたくさんのメリットがあるので、導入する日本の家庭も増えているのです。

パントリー導入で得られるメリットとは?

・冷蔵庫に入らないものも収納できる
冷蔵庫に入らないぐらい食べ物を購入してしまったことがある人も多いと思います。
そんなときにパントリーがあれば、しっかり収納できるので、冷蔵庫から溢れてしまうことがありません。
ただ、常温で保存できるものに限られるので、注意してください。

・食器の収納もできる
パントリーは、食品の収納だけではなく食器の収納もできます。
ですから、「食器が増えちゃったけど、食器棚を増やすのはちょっと……」という場合にも役に立ちます。

・買い貯めができる
特売品があった時に、まとめて買いだめしておけば、お金の節約につながります。
しかし、「たくさん買っちゃうと、収納する場所に困っちゃうし……」という理由で、「結局、いつもと変わらない量しか購入できなかった」というのは、よくあることです。
ですが、パントリーがあれば、遠慮なく買いだめできます。
これは、大家族だと非常に役に立ちます。

・キッチンをスッキリさせることができる
キッチンに物が溢れていると、ごちゃごちゃした印象になるので、見栄えが悪くなります。
また、置いてある食品などにぶつかって、怪我をする可能性もあるでしょう。
しかし、パントリーがあれば、キッチンをスッキリさせることができます。ゲストが家に遊びに来たときにも、綺麗なキッチンをアピールできます。

パントリーを設置するときの注意点やポイント

メリットが多いパントリーですが、導入の際には、以下のことに注意する必要があります。

・スペースの確保
パントリーは「たくさん収納できる」だけあって、それなりのスペースが必要です。
ですので、どこのご家庭でも設置できるとは限りません。
パントリーを設置して、かえって窮屈になってしまうことも多いので、充分なスペースがあるか事前に確認しておきましょう。

・動線の確保
料理する際の「動線」というのは、スムーズに料理をするために、とても重要です。
パントリーを設置したことで動線が悪くなる場合がありますから、「普段、どんな動きで料理しているのか?」という点も意識しておきたいところです。

「ペット可」と「ペット共生型」 のマンションの違い

まとめ

ほかにも、パントリーには、たくさんの食品を収納できることから、ひとつひとつの賞味期限の管理がしにくくなるという注意点があります。
したがって、「賞味期限の遠いものは奥にしまって、賞味期限の早いものは手前にしまう」というのを意識しておくことが必要です。

ここでご紹介した注意点に気を付けて、パントリーを取り入れた便利なキッチンライフが送れるようにしましょう。
キッチンにパントリーを取り入れようか迷っている方は、ここでご紹介したことを参考にしてみてください。