暮らし風水

【風水UP】家族関係を良好に整えるための3つの視点

(記事:フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

今回は、ご家族がいつまでも健康で仲良く暮らせるための風水についてお話していきたいと思います。
そもそも風水は金運や名誉運を高めるものじゃないの?という方がいらっしゃるかもしれませんが、それだけではありません。家族関係というテーマは、東洋の風水でも西洋の風水でも重要なテーマの一つと捉えられています。

そして、不思議に思われるかもしれませんが、お部屋を観れば、そこで暮らす人の関係性が見えてきます。そしてお部屋の課題がその人の課題として重なって現れてきます。そのくらい、お部屋とそこで暮らす人は双方向に影響しあっていると言えるのです。

お部屋の状況から家族関係の課題が見える

お子さんとのコミュニケーションがうまくとれなくなったり、夫婦間の対話が減ったり、また親戚関係のトラブルなど、ご家族の関係性にまつわる問題はとても悩ましく、なかなか人に相談しづらいものだと思います。

風水コンサルタントは人生をよりよくするためのお部屋の風水を整える第三者ですので、ご家族の課題の詳細を打ち明けていただく必要はないのですが、お部屋から関係性の課題が感じられることをお伝えすると、「実は・・・」というように家族関係のお悩みをお話くださることがよくあります。

そのくらいお部屋は現状をよく語ってくれているのです。
かくゆう私が風水コンサルタントになったのも、師匠であるコンテンポラリー風水の創設者であるマーク・エインリー先生が、私の家を鑑定した際、「失礼ですが家族関係に問題はありませんか」と訪ねられたことがきっかけでした。個人的なことはお話していませんでしたが、思い当たることが確かにありました。それは父との関係性。長い間抱えてきた悩みがどうして自分の部屋から観て取れたのか、とても不思議に思いました。そのあと課題があった空間を一緒に整えたことで、父が亡くなる前に親子の絆を取り戻すことができた私は、風水のすばらしい恩恵を感じ、この道を探求することになりました。

家族の関係性を良好に保つための3つの視点

親子間、夫婦間で愛情のエネルギーが常に美しく循環していれば、毎日は何倍も楽しく朗らかなものになるに違いありません。次から関係性に影響してくるお部屋の現象を3つご紹介しますので、思い当たるところがあったら整え直してみてください。

①部屋をつなぐ動線に障害物が一切なく、ドアはフルに開閉できるか
玄関から入ってきた新鮮なエネルギーは各部屋を巡っていきますので、動線に障害物がなく、かつドアの開閉をブロックしているものがないか確認してみてください。親子関係、夫婦関係に課題が生じる際、関係性が難しくなったお子さんやあるいはご主人のお部屋までの動線に大きな障害物が置かれている場合があります。

実際にアクセスをブロックするかのように、不自然にコートハンガーが置かれていたり、ドアの開閉がフルにできないほど、ドアにバッグや衣類がぶら下がっているお宅などでは、親子関係や夫婦関係に課題が生じていました。こうしたケースでは、そのお部屋へ流れるエネルギーが阻害されてしまいますから、対話や意思疎通にも影響が生じていきます。

動線の障害物は何もなく、ドアの開閉も気持ちよくできる環境にしておくことは、家族の関係性を良好に保つ一つの秘訣になります。

②コードやケーブル類がすっきりまとめられているか
スマホやPC、そして家電製品のコードやケーブルは、私たちの生活環境に増える一方ですが、このコードやケーブルがごちゃごちゃ、もじゃもじゃになった状態を日々目にすることが、私たちの人間関係にも影響を及ぼしていくことはあまり知られていません。ですから留意が必要です。絡まったケーブルや汚れをまとったコード類は、すっきり綺麗に整え、できれば目に入らないよう工夫をしてみるとよいと思います。

職場や学校でなんらかの人間関係の絡まりを体験しても、常に絡まりのない健康的で心地よい空間がマイホームにあればほっとします。人間関係にお悩みの方は、見た目にすっきり整えることでよりよい変化を感じ取っていただけるかもしれません。

③家族写真がアップデートされているか
お子さんの小さい頃の写真、ご夫婦の結婚式の写真など、忘れられない大事な写真をお部屋に飾っているお宅は多いと思います。しかしながら、案外最近の写真は飾られていないものです。そしてそれは大変もったいないことでもあります。お部屋の風水を高めるには「今」の写真にアップデートすることが大変有効だからです。

古い写真は「昔がよかった」というメッセージを発していて、空間のエネルギーも古い時に止まってしまいがちです。家族関係、親子関係、夫婦関係は「今」が大事ですから、写真も新しいものにアップデートしていくと、常に関係性がリフレッシュされていきますよ。「今のわたしたちが最高ね!」という風に。

思い出のつまった大切な写真をしまう必要はありません。そのとなりに新しい写真を飾るようにされるとよいと思います。家族関係をサポートするパワフルな風水術になると思います。

いかがでしたでしょうか。
この3つの視点はとても万能ですので覚えておくと役にたつと思います。

家族関係と家族の健康をサポートする空間もある

西洋風水ではバグアマップ※というものを使って、お部屋のどの場所にどんなテーマをサポートするエネルギーが流れているかを観ていきますが、バグアには8つあり、その中の一つが「家族・健康」をサポートする空間になっています。

その場所は、おおまかに言うと、玄関に入り、ドアを背にして家全体を見渡したとき、左手中央付近にあります。その位置はキッチンだったり、リビングだったり、階段だったりするかもしれません。その場所の状況が家族関係や家族の健康と関係していますので、壊れたものがないか、汚れていないか、障害物がないかをまずは確認してみてください。殺風景すぎる場合は、観葉植物や一輪挿しなど、「草木」や「花」を配置してみるとよいですよ。家族や健康を支えてくれるのは「木」のエネルギーだからです。

風水というと、ラッキーシンボルを飾るイメージが強いかもしれませんが、エネルギーの流れを整えることのほうが大切です。古いもの、絡まったものがなく、玄関から入ってきたエネルギーが家の隅々まで気持ちよく流れていくようにぜひ整えてみていただきたいと思います。ご参考になりましたら幸いです。

※バグアマップとは?
家の中のどこにどのような運気をサポートするエネルギーが流れているかを示すもの。東洋の風水の八卦盤にあたるもので、①道(キャリア)②自己成長③家族・健康④財・福⑤名誉(仕事)⑥愛・パートナーシップ⑦創造・子ども⑧旅・援助という8つの人生の側面を表しています。八卦は英語でBagua(バグア)と発音し、西洋の風水ではバグアマップと呼んでいます。