DIYリフォーム

DIYでトイレ周りを模様替え! おすすめアイデア5選

話題の珪藻土、特徴と壁への塗り方は?

トイレは毎日使う場所ですが、その空間は無個性で味気なくなりがちです。
しかし、アイデア次第で立派な模様替えができちゃいますよ。ゆっくり落ち着ける空間にするためにも、流行のDIYでオシャレでかわいい模様替えを試してみてください。

トイレの模様替えDIYアイデアを5つおすすめします。

(1)すのこでDIY

収納が少ないトイレでは、トイレブラシなどの掃除道具をそのまま床に置いている方も多いのではないでしょうか。
DIYでトイレットペーパーや掃除道具などを収納するボックスを作ればすっきりと片付きます。初心者でも簡単に作れるのでおすすめです。

用意するのは100均で買える小さなスノコ2枚と木製のボックス2つだけです。
スノコの上面が外側に向くように左右に縦向きに立て、内側の足部分の上にボックスを置くように木工用のボンドで固定します。
これで収納ボックスのできあがりです。
お好みでペンキを塗ると、アンティーク風も楽しめますよ。

(2)シールでDIY

殺風景になりやすいトイレのタンクをシールで飾りましょう。
タンクの見える部分にローマ字などのシールを貼るとインテリアにもなります。
また、手洗いタンクの水が流れる部分にはお花や葉っぱの転写シールを貼ると、手を洗う時にも楽しめます。

(3)突っ張り棒でDIY

ハンガーかけなどに使う突っ張り棒で棚が作れます。
100均でも買える突っ張り棒をトイレのタンクの上に設置し、その上に軽い板を乗せるだけで簡易的な棚をつくることができます。

水が流れるところを隠すことも、収納スペースも確保することもできるため一石二鳥です。
その棚の上に緑などを飾ると、爽やかになりますよ。

(4)リメイクシートでDIY

リメイクシートでDIY

たくさん種類があって質感も豊富なリメイクシート。上手に使えばオシャレに模様替えすることができます。
例えば壁に色付きのリメイクシートをランダムに貼るだけで、トイレの雰囲気がガラリと変わります。
貼るだけでペンキを塗ったように見えるリメイクシートもあります。
気分に合わせて簡単に模様替えできるのがリメイクシートを使ったDIYの魅力です。

(5)本格DIYでタンクレスなトイレに!

トイレの後方のタンク部分を隠して「タンクレス」にするDIYも流行っています。
トイレの寸法を測り、ベニア板と角材をトイレの寸法に合わせてカットします。そしてベニヤ板と角材をビスでしっかり固定し、土台を作ります。
正面になる部分のベニヤにはシートやタイルなどをお好みで貼ってください。

タンクの前に土台となる部分を設置したら、今度は上部に設置する板を取りつけます。
そして、水を流すレバー部分に紐や金具を外れないように取りつけます。
上部の板には水を流すレバーの紐を出す穴を忘れずにあけましょう。
板を外せば元に戻すこともできることも人気の理由です。

以上、トイレ周りのDIYのアイデアを5つご紹介しました。
ご自宅のトイレのアレンジに取り入れてみてはいかがでしょうか?