くらしの風水運気アップ風水インテリア

夏の風水術vol.1_滞りやすい蒸し暑い時期が到来。よい氣をたくさんとりこむために準備できること

(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

蒸し暑さが続く日本の夏。身体に負担のかかる過ごしにくい季節ですが同時に部屋の中にも空気の滞りが生まれやすくなっています。空間の滞りは、私たちの意識にも作用し、思考に明晰さがなくなったり、意欲の低下や、行動に活発さがなくなったりします。滞りの中では、本来もっている自分らしい輝きが発揮しにくくなっていきますので、お部屋を常に心地よく循環し、よい氣を巡らせることで、私たち自身の輝きを心地よく放つことができていくでしょう。

ということで、夏の間もお部屋の風水を整えていきましょう。私たちの延長であるお部屋の空間が、常によりよい流れに満たされていくよう、暑い時期のお部屋の整え方のヒントを2回にわたりお伝えしていこうと思います。今回は「準備編」です。

空間を浄化し、快眠と快適な居心地を確保するための風水行動

暑さだけでなく湿度が高い時期ですから、換気とお掃除をこまめにすることはもちろん大事です。その上で、清潔で心地よく常にフレッシュな気分で夏をお過ごすしになるための4つの風水行動をご紹介します。

1. エアコンのフィルターのお掃除&室外機の汚れを落とす

エアコンのフィルター掃除はお済みでしょうか?家の中にはエアコン以外にも空気の通り道がたくさんあります。浴室や脱衣室の換気口のフィルターや、キッチンの換気扇まわりなども同様にお掃除をしておきましょう。風水は水と空気の美しい流れを創るものですから、見えない空気の流れも大変重要です。お部屋が一見きれいでも、エアコンのフィルターや換気口が汚れていては残念ですから、今のうちに一気に水洗いをしておくとよいでしょう。

また、エアコンの室外機の上面も汚れていたら、是非とも綺麗に拭き掃除をしてみてください。設置場所によっては、今起こっている問題などに何らかのいい影響を与えるかもしれません。

2. カーテン・ラグ・クッション・寝具を洗う

面積の大きいものを水洗いすることは、心が整ったり、意識の変化や、好ましい事象がおきたりと、効果が大きい風水術。なかでも、夏は裸足や薄着で過ごしますから、肌に触れるお部屋の中の「布もの」を浄化しておくことは寝心地や居心地に大いにプラスになります。

レースなど軽量なカーテンは脱水したあとすぐにレールにかければ自然乾燥もできますよ。窓をあけて風を通しながら、洗濯したばかりの良い香りのカーテンがをゆらゆらと乾いていくプロセスもお部屋の浄化に役立ち、気を高めてくれるはず。

ラグは洗えるものであればネットに入れて丸洗いを。できればお陽様にあてて乾燥させると、よりパワーアップするでしょう。足元から自然のエネルギーを感じることができます。

3. クローゼットの床にはモノがない状態にする

冬物と夏物を入れ替えることがあれば、不要なものを手放しつつ、ぜひとも「クローゼットの床の上にモノを放置しないこと」を心がけてみてください。床の上に置かれっぱなしになるモノたちは、湿気がこもることはもちろん、滞りの元凶になります。クローゼットが整うことは、自分自身の「自己尊重感」を高めることにもつながっています。

4.ヘンプ、オーガニックコットンなど天然素材のシーツを選ぶ

夏にはひんやり機能のシーツやマットなどの寝具が多く販売されます。その機能はよいのですが、ブルーという色にはあまり頼り過ぎないでください。ブルーという色は五行で「水」を表します。水の中にいると冷たくさみしい気持ちが強くなっていきます。それは目から肌から意識の中に入り込んでいくものですから、無防備な睡眠中に「水」の影響を受け過ぎないようにしたいもの。ブルーの面積は極力大きくならないようにしてみてください。

私はシーツをヘンプ100%のものを愛用していますが、夏は涼しく冬は暖かく、とても快適で癒されます。また何回洗っても丈夫ですし、すぐに乾くので本当に重宝しています。オーガニックコットンなどの天然素材もよいでしょう。自然物とともに呼吸をしながらの睡眠は癒される時間となります。シーツの素材はを天然のものにすることもおすすめですよ。

これをすると氣を落とす?夏に注意したい風水ダウン行動

続いて、お部屋の気をダウンさせてしまう、ちょっと残念な事例をお伝えします。意外とありがちなので思い当たったらすぐ改善してみてくださいね。

✖️ 玄関を虫除けネットでデコレーションしてしまう

最近はぶら下げるタイプの虫除けネットを玄関ドアにかけているご家庭が増えましたね。面白いテレビコマーシャルの効果もあるかもしれません。虫をよけることは悪いことではないですが、玄関を印象付けるアクセントが虫除けネットなっていたら残念なことです。

玄関はエネルギーを招き入れるとても大切大事な場所。鮮やかな草花やデザインされた表札など、美しいアクセントに魅了されるようにしたいもの。虫除けネットは「よける・抗う」ものですから、「入ってこないで!」という佇まいの玄関にならないように留意が必要です。できればドアノブにかけるのではなく、ドア周りにおいた植栽の近く等にさりげなく配置してみてはどうでしょうか。また、ドアの色と合わない虫除けネットですと目立ちますので同系色にすれば悪めだちも抑制できるでしょう。

✖️ 蓋のないゴミ箱・ゴミ入れのレジ袋が口を開けてぶら下がっている

蒸し暑い夏はカビや雑菌にも注意が必要です。とくにキッチンからでる生ゴミをS字フックなどをかけてレジ袋をゴミ箱がわりに活用しているケースもよくありますが、不浄な気が立ち上りますからよくありません。食料品や飾られている家族写真などにも不浄な気を巡らせてしまいます。レジ袋のままゴミ入れとしては使わず、蓋つきのゴミ箱を使うようにしてください。

✖️ エアコン頼みであまり換気しない

夏の暑さは一日中寝苦しい季節は、眠るときも、朝起きるときもエアコンが必要になるかもしれません。除湿や冷房のオンオフもタイマーでできますから、意外と夏場はエアコン頼りになり換気がおろそかになりがちです。朝起きたら一度は必ずすべての窓を開けて新鮮な空気を流し入れるようにしてください。天気がよく湿度の比較的低い日には、クローゼットの扉も全開にしてみるのもおすすめです。新型コロナウイルス感染予防のためにも、換気は重要ですので、こまめな空気の入れ替えを夏場の間でにも忘れずにぜひとも心がけてください。

いかがでしたでしょうか。夏場に良い気をたくさん取りとり入れるいれるための準備としてご参考になさってみてください。