インテリア術風水インテリア

インテリア風水術「印象UPするリモートワーク空間を創ろう!」

くらし, リモートワーク, 風水, 風水インテリア, 風水コラム


(記事:フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

新型コロナ対策ですっかり在宅ワークが定着してきましたね。皆さんはZoomやSkypeなどを使ったオンラインミーティングやオンライン飲み会をもう体験されましたか?
オンライン会議を体験してみると、案外お部屋の様子が気になるものですよね。背景の合成もできるようになっているので、家の中を映すのが嫌な人には楽しい回避策もありますが、長く続くかもしれないおうち生活、これを一つの機会ととらえ、人生のプラスになる最適な空間を作ってみませんか?

オンライン会議の映像で印象を上げる人、下げる人がいる?

オンライン会議になると、普段は見せる必要がなかった家の中の様子が見えてしまいます。そして、自分が思っている以上に、相手には部屋の雰囲気が印象づけられているかもしれません。ちょっとした打ち合わせであっても、見た目の印象は大きいですから、印象ダウンになっているかも…と思った方はぜひ空間に一工夫してみて。リモートワークの空間の時間は、お部屋の空間も含めてプレゼンテーションの一部になっています。

照明が明るい、美しいものが印象的にある、顔映りがきれい、は印象がUP!
綺麗に整っているという印象に加え、その人らしい品格を感じるような背景はとても素敵な印象を与えます。アート、花や植物、美しい壁紙などがある背景は総じて好印象。そして、大事なのは、顔色がよく映っていること。肌が美しく映ることは全体の印象を高めます。参加者がずらっと並んだ画像の中で、あなたの映像が明るくて綺麗であれば自然と注目が集まります。美しい背景を味方に笑顔で参加すれば、好感度も高まりそうです。

暗い、殺風景、ごちゃごちゃ、生活感がですぎている、は印象がDown
家の中が片付いていない、汚いのは言うまでもありません。これが採用面接やオーディションだったらおそらく不採用になってしまうでしょう。暗いお部屋は運気が下がる印象があります。顔映りが悪いと、元気がないか機嫌が悪いように見えてしまいがちです。オンライン会議をスムーズに気持ちよく進めるためにも、参加者の雰囲気は悪くみえないようにしたいものです。また、生活感がでるのは悪いことではありませんが、リモートワークは仕事の時間ですから、生活から離れているほうが好ましいと言えます。何もない空間は悪いわけではありませんが、殺風景すぎるのも、魅力ダウンになってしまいます。

★好感度UPのリモートワーク空間を作る3ステップ★

Step1. 背景となる壁をきめる

壁を背景にして座ることが基本です。これはもっとも安全で集中できる座位で、風水において「力の座」と呼ばれています。仕事の能率を高める意味で大変重要です。それ以外にも背景に壁を選ぶことには理由があります。背後に別の部屋や奥行きが見えるとき、たいてい暗い”陰“の空間ができてしまいます。ですから、まずは壁を決めましょう。何もない壁がない場合は、カーテンのかかる窓や、本棚のある壁を背景にするのも可能です。

Step2. 小さな椅子と机を用意 (折りたたみ・可動式も有効)
自宅に書斎がない場合は、オンラインワークをするための空間を作ってしまいましょう。それには、パソコンが置けるだけの机と椅子があれば十分かもしれません。今はスペースをとらない折りたたみ式の机や椅子もありますし、キャスター付きのシンプルなデスクなどは、お部屋のいろいろな空間で活躍できそうです。モノを置かないようにした机や椅子は活躍の範囲も広いです。壁が白くシンプルであれば、机や椅子は好みに合わせてカラフルなものもよいかもしれません。せっかくなので楽しみながら空間づくりをイメージしてみましょう。

Step3.壁の演出(アート、タペストリー、おしゃれ壁紙、植物など)

シンプルな壁を背景にできたならば、その壁にワンポイント演出を加えてみましょう。アートはその一つ。絵画や写真はフレームがあることで品格が高まります。お子さんの写真を飾る人も増えていますね。その場合はお揃いのフレームに入れて複数飾るとおしゃれに仕上がります。小鳥や花など自然物のウォールステッカーと組み合わせるのも素敵かもしれません。注意したいのは、アートや写真は個人の好みが主張されすぎていないほうがよいと思います。環境として心地よい背景に。カレンダーなどペラペラしたものは安っぽい印象になるので避けたほうがよいでしょう。
織物のタペストリーなどは優しい印象もあり、インテリア好きな人のお部屋のように見えるかもしれません。壁の一部におしゃれな壁紙を貼ってみるのもおすすめです。貼ってはがせるタイプのものは便利です。小さな面積でもオンライン空間の演出には十分かもしれません。一気におしゃれな印象の空間になりますよ。
最後に、観葉植物がカメラにちらっと映るようなら最高ですね。ちなみに私のリモートワークの空間は、白い壁に麻布のタペストリー、アート、そしてモンステラの葉がちらっと入ります。
いかがでしたでしょうか。リモートワークの空間の風水術で、お仕事のクオリティアップと印象アップ!につなげてみてください。