中古マンション購入

知っておきたい! 中古マンション契約のポイント

知っておきたい! 中古マンション契約のポイント

中古マンションを購入してリノベーションをする場合、マンション購入のさまざまな手続きを行う必要があります。
しかしほとんどの人にとって、不動産の売買というのは一生に何度も経験するようなことではありません。

このため、どのような流れでどのような手続きが必要になるのかがよくわからないという方も多いかと思います。
情報収集や内覧を経て、「このマンションに住みたい」と心を決めたら、いよいよ売買契約に向けて手続きをすることになります。
今回はマンションの売買契約前後の大まかな流れとポイントを解説します。

(1)住宅ローン事前審査

購入したいマンションが決まったら、まずは購入の申し込みと合わせて住宅ローンの事前審査申し込みをしましょう。
事前審査では、申し込みをした人の収入や職業などから、融資が下りそうかどうかの確認が行われます。
金融機関により異なりますが、通常3~4営業日程度で審査の結果が出ます。

(2)売買契約

住宅ローンの事前審査を通過したら、いよいよ物件の売買契約になります。
契約の際には、申込書とともに、本人確認書類や印紙代、手付金などが必要になります。
必要なものが多いので、事前に金融機関に確認して準備しておきましょう。

(3)住宅ローン本審査

売買契約とともに、住宅ローンの正式な申し込みを行います。
住宅ローンの申し込みには、住民票の写しや印鑑証明書、収入証明書類などさまざまな書類が必要になります。
こちらもあらかじめ確認して、当日に不備のないようにしましょう。住宅ローンの申し込みをすると、本審査が行われます。
本審査は事前審査よりさらに入念に審査されるため、1~2週間程度かかる場合が多いです。

(4)住宅ローン契約

本審査を通過すると、住宅ローンの契約を行うことになります。
契約の際に、借入額や借入期間、金利などの条件とともに、融資の実行日が決定します。
ローンの実行日は、ローン契約から最短で3~4日後で、銀行から直接不動産会社に振り込んでもらうことも可能です。
手付金と内金を差し引いた残代金の支払いとともに、税金の清算なども行われます。決済が済めば物件の引渡しとなります。

まとめ

知っておきたい! 中古マンション契約のポイント

中古マンション購入の流れの中で、申し込みと契約前後の流れについてお伝えしました。中古マンションを購入する際、ほとんどの方は住宅ローンを利用することになるかと思います。このため、契約前後の流れにおいては、住宅ローン関連の手続きがもっとも重要なポイントとなると言えます。

スムーズに購入手続きを進めるために、契約前後の大まかな流れとともに、どのような書類が必要になるのか、契約のタイミングで発生する支払い額の目安など、あらかじめ理解しておきましょう。