ライフスタイル春夏秋冬の生活

熱中症対策に効果的なアイテムや猛暑の過ごし方

夏の心配事は熱中症です。暑さは厳しくなり、猛暑や酷暑さらには災害級というワードが上がるほど熱中症予防が叫ばれています。
熱中症の危険性が高まり始めるのは梅雨明け、早いと6月中旬頃からです。まだ暑さに身体が慣れていないため、高まり始める時期は特に注意が必要です。

熱中症の特徴や熱中症になったときの対処法、猛暑を過ごすのに効果的なお勧めアイテムや過ごし方をご紹介します。

熱中症を予防し、夏季休暇を楽しみながら暑い夏を乗り切りましょう。

命に係わる危険な熱中症の特徴

改めて認識しておきたいことは、熱中症による体調の変化です。

熱中症の主な症状は、立ちくらみ・めまい・手足のしびれ・頭痛・吐き気・だるさ・意識障害・けいれん・体が熱いといった周囲に気づかれにくいのが特徴です。

熱中症と対処法を知っていることは、軽い症状のうちに自分で対処できます。
重症化しやすいお年寄りやお子さんと一緒に確認しておくことも重要です。

すぐにできる対処法

いつもと体調が違う、熱中症かもという時の対処法の優先順位は
 

  1. 涼しい場所へ移動:日向に居るのなら木陰や建物の影に移動。さらには近くの店舗といったエアコンの効いた涼しい屋内へ移動しましょう。
  2. 保冷剤を利用して体を冷やす:首や脇、股にあてると効果的です。
  3. 水分補給:合わせて塩分も摂取できる経口補水液が効果的です。

ご自身で対処しても症状が改善されない場合は医療機関を受診します。

熱中症対策に効果的なアイテム

熱中症を起こさないために、予防に効果的なアイテムをご紹介します。
暑さから身体を守るための保冷アイテムは年々進化しています。
暑い夏に向けた準備の参考にしてみてください。

保冷ネッククーラー

首元に巻いて使用する保冷アイテムです。外出時暑さから身体を守るために、首を冷やします。冷凍すれば何度でも使えるリユースタイプで経済的です。

水で濡らすだけで瞬間に冷却できるパックもあります。長時間の外出時にお役立ちアイテムです。
直接肌に掛ける冷却用スプレーはひんやりするだけでなく、UV効果もあり強い陽ざしから肌を守る効果も。

首元の保冷パックが目立つのに抵抗がある方にお勧めアイテムもあります。貼るタイプの保冷パックです。洋服の下に貼っておけば目立ちません。

携帯できる扇風機

扇風機は体感温度を下げてくれます。紹介する携帯扇風機は3タイプもあるんですよ。
 

  • 手持ちタイプ
  • ミスト付きタイプ
  • 首に掛けて使うタイプ

首に掛けることで両手が使え、歩きながら、自転車に乗りながら、車を運転しながらでも携帯できます。
風がない日に欲しいアイテムですね。

猛暑日の過ごし方

暑さで外出よりも自宅で過ごす日が多くなるという方も多いのでは。
外出する方は日中の暑い時間帯を避け比較的涼しい朝夕を選んでお買い物へ行くという方もいらっしゃるでしょう。
お子さんと一緒に公園での外遊びも難しくなります。屋内で過ごせるおススメの場所をご紹介します。

在宅時エアコンの上手な使い方

在宅中はエアコンを使用します。上手にエアコンを使うことで長時間の使用でも節電することが可能です。
上手なエアコンの使い方を説明します。
 

  • エアコンの設定温度28℃
  • 扇風機やサーキュレータを併用し部屋全体に冷気を送る
  • 遮熱効果のカーテンを閉める
  • 室外機の周りに物を置かない
  • 室外機に専用の日よけカバーをする
  • 定期的なフィルターのお手入れ

エアコン本体と室外機環境を整えることで本来の冷房効果を発揮します。

公共機関のプール施設活用

お子さんの夏休みは1ヵ月ほどあります。悩むのは長い夏休みの過ごし方です。
自宅で過ごすにも限界があります。
お勧めしたいのが公共のプール施設です。暑い夏はプールで体を十分冷やし、適度な運動にもなります。
公共施設はプールの利用はもちろん、施設内に完備された目的別に利用できるスペースがあります。
飲食できるレストランや温泉、休憩室、簡易な図書室、自習室もあります。
利用できるスペースは施設によって異なるので、施設選び・利用を楽しめるポイントです。
子供が一日飽きずに過ごす場所として活用できます。
一日過ごせるので、朝涼しい時間帯に出かけ、夕方涼しい時間に帰ることも。
利用料金は比較的安く、お子さんだけでのお出かけも安心です。

十分な熱中症対策で暑い夏を乗り切る

命にかかわるほど危険な熱中症です。猛暑時は無理をしないこと、効果的なアイテムを活用し、体を冷やすことを優先しましょう。
室内にいても熱中症の危険はあります。エアコンを上手に使いこまめな水分補給を心がけて過ごすことです。
30℃を超える時間帯はなるべく外出を避け、屋内で過ごすようにしましょう。
暑い夏は2ヵ月ほど、マリンスポーツや休暇中の旅行など、楽しいことはたくさんあります。
十分な熱中症対策をしながら楽しく暑い夏を乗り切りましょう。