暮らし

IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

オール電化住宅が注目される中、一般的な住宅でもキッチン設備としてIHクッキングヒーターを導入するケースが増えてきています。
IHクッキングヒーターは、従来の主流であるガスコンロと比較するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。主なものをご紹介します。

IHクッキングヒーターのメリット

・掃除しやすい
水や油を使用するキッチンは、家の中でも掃除が大変な場所の一つ。ガスコンロは中でも油汚れが付きやすく掃除しづらいという特徴がありました。
IHクッキングヒーターは、天板がフラットなので日ごろのお手入れが簡単。サッと一拭きするだけの掃除の手軽さはIHクッキングヒーターの大きな魅力です。

・安全性が高い
IHクッキングヒーターは火を使わないため、子どもがうっかり火に触ったり、調理中、衣類に火が燃え移ってしまったりといった危険がありません。
調理中に食材を天板にこぼしても燃えたりこげたりすることがなく安心です。

・火力が高く、調整しやすい
直火にかけるガスコンロと比べて、火力が低そうな印象のあるIHクッキングヒーターですが、実際はどんな調理にも十分な火力が出ます。お湯もすぐに沸かすことができます。
また、ガスコンロでは目視でつまみを操作して火力調整する必要がありますが、IHクッキングヒーターはボタンで段階的に調整可能。ごく弱火にしたいときなどもボタン一つでできるので便利です。

IHクッキングヒーターのデメリット

IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

・停電時に使用できない
IHクッキングヒーターは電気を使用するため、停電のときは使用することができません。
とはいえ、現在では通常時の停電は少ないですし、災害後にライフラインの中でもっとも早く復旧するのは電気であることが多いので、それほど大きなデメリットでもないでしょう。

・使える鍋に制限がある
ガスコンロでは市販されているどんな鍋やフライパンでも問題なく使えますが、IHクッキングヒーターではIH対応の鍋しか使用することができません。
最近ではIH対応製品が増えてきていますが安価な鍋などは非対応なことが多く、IHに切り替えた場合、鍋などを揃えるための費用がかかることはデメリットだと言えるでしょう。

・直火を使用する調理ができない
IHクッキングヒーターは火を使わないため、直火で炙ったり焦げ目をつけたりといった調理法は使えません。
さまざまな調理法を取り入れたいという人には、この点に不満を感じることがあるかもしれません。

まとめ

IHクッキングヒーターのメリットとデメリットをご紹介しました。
ずっとガスコンロを使用してきたという方にとっては、使い勝手のわからないIHクッキングヒーターへの切り替えは、ちょっと不安だったりためらいを感じてしまう部分もあるかもしれません。

しかし、IHクッキングヒーターの使い勝手の良さは、ガスコンロに負けずとも劣りません。

安全性の高さや掃除のしやすさなど、ガスコンロにはない魅力もあります。
住み替えやキッチンのリフォームの際には、IHクッキングヒーターの導入という選択肢についても検討してみてはいかがでしょうか。