デザイン暮らし

成績が伸びる!? リビングに勉強机を置くメリット

対面キッチンのリフォームで押さえておきたい3つのポイント

子どもが宿題をやるための勉強机と言えば「子ども部屋に置くもの」というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし近年では、リビングに勉強机を置いて子どもの学習スペースとする「リビング学習」が注目されています。
リビング学習は子どもにも親にも良いことがいっぱい。どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

リビング学習で子どもが得られるメリット

リビング学習は子どもの学習効率を高め、成績アップにつながりやすいと言われています。
東大生には、子どもの頃リビングで学習していた人が多いという調査結果もあります。
リビング学習が子どもにとって良い理由として、以下のようなものが挙げられます。

・親が見守ってくれるのでやる気がでる
子どものうちはまだ一人で勉強するという習慣が身に付いていないものです。
子ども部屋に一人で勉強していると、集中力が散漫となりほかのことに気をとられてしまいやすいですが、リビングでの学習は、親に見守られているという緊張感からやる気の向上につながると考えられています。

・わからないことを教えてもらえる
宿題をやっていてわからないことがあったときは、そばに親がいればすぐに聞いて教えてもらうことができます。
わからないことをそのままにせず、その場で解決できることで学習効率が高まりますしコミュニケーションが増えることで安心感や信頼感が醸成されるようです。

・集中力が身につく
リビングは家事などの音がしていて、あまり静かで落ち着いた環境とは言えません。
学習するのに良い環境ではないと思われるかもしれませんが、こうした環境で勉強する習慣を持つことで子どもの集中力を育てることにも役立つようです。

リビング学習で親が得られるメリット

ポイント1. 雑然としたキッチンにならない工夫を

子どもをリビングで勉強させることは親にとってもメリットがたくさんあります。

・家事をしながら子どもの姿を見守れる
子どもが学校から帰って宿題を始める時間帯は、ママにとっては夕飯の支度をしなければならない時間です。 リビングでの学習なら、家事をしながら子どもの姿を見守ることができます。

・子どもの学習状況を把握しやすい
子どもがリビングで勉強する様子を毎日見守っていれば、子どもが今どんなことを学校で教わっているのか、何が得意で何が苦手なのかを把握しやすくなります。

・子どもとのコミュニケーションが増える
子どもがリビングで過ごす時間が長くなるということは、それだけ子どもと接する時間が増えるということです。
子どもの成長を見守りやすく、親子のコミュニケーションをより取りやすくなるのもリビング学習のメリットです。

まとめ

リビング学習のメリットについてお伝えしました。
もちろん子どもがある程度大きくなれば、自室での勉強が必要になる時期もきます。
しかし、小学生の中学年ぐらいまでは、リビング学習のほうがメリットが多いと考えられます。

お子さんの小学校入学にあたって、まずはリビングに勉強机を置いてみてはいかがでしょうか。