収納暮らし

インテリアの選び方で収納力アップ! 4つのポイント

インテリアの選び方で収納力アップ! 4つのポイント

すっきりと片付いた部屋にするには、所有しているものをきちんと収納できるスペースを確保するのが大切です。

持ち物というのは、いつのまにか増えてしまうもの。不要なものを定期的に処分するのも大切ですが、余裕を持って収納できるスペースも作っておきたいですね。
そこで今回は、部屋の収納力を高めるためのインテリア選びのポイントを4つご紹介します。

ポイント1:「何を収納するか」を具体的に決めてから選ぶ

収納家具を購入する場合は、具体的にどんなものを収納する予定なのか、何を収納できれば便利なのかなど自分の持ち物をイメージしながら、どんな家具が必要かを考えるのが基本です。
「収納スペースが足りないからとりあえずたくさん収納できる家具がほしい!」と収納容量だけに注目して収納家具を選んだのでは、結局上手に使えずにムダが生じてしまう可能性があります。

部屋の収納力をアップするためには、上手な収納家具選びが大切なのです。

ポイント2:置き場所を考えてサイズやデザインを選ぶ

何を収納するかが決まったら、その収納家具を部屋のどこに置くべきかを考えましょう。

頻繁に使うものを収納するのか、たまにしか使わないものなのか、どこで使うものなのかなど、収納するものに合わせて置き場所を決めるのがコツです。
置き場所が決まれば、サイズ感やどんなデザインのものがふさわしいかなどもある程度イメージが固まってくるはずです。

サイズについては、実際に幅や奥行きなどを測っておくことをおすすめします。

ポイント3:ベッドは収納付がおすすめ

ウォークインクローゼット

収納力を高める家具といえば、棚やキャビネット、タンスなどの収納家具が思い浮かぶかもしれませんが、意外と見落としがちなのがベッドです。
部屋の中でも大きな面積を占めるベッドは、収納付のものを選べば部屋の収納力アップにかなりの効果を発揮してくれます。

特に跳ね上げタイプの収納ベッドは、マットレス下の空間すべてを収納スペースとして使えるため収納力バツグンです。
大きなものや普段使わないものなども収納しておけますよ。

ポイント4:取り出しやすさ、片付けやすさにも注目する

家具を選ぶときは、どうしてもインテリア性にばかり注目しがちですが、収納家具を選ぶ際には機能性も重視して選びたいところです。
使いにくい収納家具だと、不便で結局あまり使わないなどということになりがちです。
引き出しや扉が開けやすいか、収納するものをスムーズに出し入れできそうかなど、使いやすさについても注目して選びましょう。

まとめ

部屋の収納力をアップさせるためのインテリア選びのポイントを4つご紹介しました。
デザインだけでインテリアを選ぶのではなく、収納力を考慮することで、より快適な生活につなげてみてはいかがでしょうか。

収納スペース不足にお悩みの方は、まずはインテリアを見直してみてはいかがでしょうか。
ぜひ参考になさってください。