収納暮らし

リノベーションで収納力を上げる3つのアイデア

リノベーションで収納力を上げる3つのアイデア

住まいの中に、「どこに片付けておけばいいのか困ってしまう」というものはありませんか? とりあえず無理やり片付けるスペースを作っているものの、なんだかしっくりこない、使いづらい、などと感じている方もいるかもしれませんね。
このような場合は、住まいの収納力が足りていないのか、収納すべきものに対して適切な収納スペースが不足している状態だと言えるかもしれません。
ここでは、リノベーションで住まいの収納力を高めるアイデアを3つご紹介します。

(1)床下収納を作るリノベーション

デッドスペースを有効活用できるのがうれしい床下収納。キッチンに床下収納を作れば、食材や酒類、ストック品などを収納しておくのに便利です。
キッチン以外にも、洗面所や洗濯機置き場などに床下収納を作って洗剤など日用品のストックを収納するのもおすすめ。
最近は、リビングに畳の小上がりを設けて段差部分を大容量の収納として活用するリノベーションも人気です。
小上がり部分は畳に限らず部屋の雰囲気に合わせてフローリングなどにすることもできますよ。

(2)土間収納を作るリノベーション

玄関周りの収納力を高めることで最近注目されているのが、靴を履いたままで出入りできる「土間収納」を玄関脇に作るリノベーションです。
ベビーカーや自転車、ゴルフバッグやアウトドア用品など、玄関付近に置いておきたいものや、室内に収納しづらいものなどの収納に役立つので、こうしたものの収納場所に困っている方には特におすすめです。

ただし、ある程度のスペースが確保できないと上手に活用できないケースも多いため、何を収納したいのか、どのように活用したいのかを十分に検討したうえでリノベーション計画を立てるようにしましょう。

(3)押し入れをクローゼットにするリノベーション

押し入れをクローゼットにするリノベーション

昔ながらの押し入れは大容量の収納スペースではありますが、ライフスタイルが欧米化していることもあり、あまり有効活用できていないご家庭も増えています。
押し入れは布団を収納することを想定した大きさに設計されていますが、そもそも布団を使用しないという方も多く、奥行きや高さを活かしきれずにデッドスペースが生じやすいのです。
押し入れを使いやすくするには、クローゼットにリノベーションするという方法があります。
段を取り外して上部にレールを付け、開き戸タイプの扉に取り換えることで、現代のライフスタイルに合わせて無駄なく使える収納スペースとなります。

まとめ

リノベーションで住まいの収納力を高めるアイデアを3つご紹介しました。
新たに収納スペースを作ったり、収納スペースの形態を変えたりすることで、住まいの収納力は今よりかなり向上するものです。

収納スペースが足りていないと感じている方は、参考にしてリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。