デザイン暮らし

どれがいい? ダイニングテーブル選びのポイント

どれがいい? ダイニングテーブル選びのポイント

家族での食事で囲むことになるダイニングテーブル。インテリア性はもちろん、使い勝手の良さなども重要になります。
ここでは、ダイニングテーブル選びの際に押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

最適なダイニングテーブルのサイズは?

使用する人数に対して天板のサイズが小さいと、窮屈になってしまいます。
一般的には、一人あたり幅60センチ前後×奥行40センチ前後のスペースがあると良いとされます。

これを基本に、何人での食事に使用するかによってダイニングテーブルの最適なサイズが変わってきます。

例えば長方形のダイニングテーブルの場合、2人用なら幅75~80センチ程度、4人用なら幅135~140センチ程度、6人用なら幅180~190センチ程度(いずれも奥行きは80~90センチ程度)といった具合です。
家族の人数に合わせたテーブルのサイズの目安がわかったら、それを無理なく置けるかどうかについても確認しましょう。

座ったときや椅子を引いたとき、後ろを通るときなど無理なく使用できるか、動線が確保できるかの兼ね合いも考えたうえで最適なサイズのテーブルを見つけてください。

天板の形状もいろいろ!

フローリングだけじゃない! 床材の種類と特徴

ダイニングテーブルというと長方形の天板を思い浮かべる方が多いかと思いますが、天板の形状はほかにもいろいろあり、それぞれにメリットがあります。

・長方形
ダイニングテーブルに最も多い形です。
面積が広く、一人分の食事スペースをゆったり取れるメリットがあります。
見た目はきちんとした印象を与えやすくなります。

・角丸型
長方形を基本に、角の部分を滑らかなカーブにした天板です。
長方形に比べて少し面積は狭くなりますが、やわらかく優しい印象を与えてくれます。
また、小さなお子さんがいるご家庭などでは、角に頭などをぶつける事故の予防にも役立ちます。

・円形
円形の天板を持つダイニングテーブルは、食事する人数の変化に対応しやすく、全員がそれぞれの顔を見られるのでコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。
ただし、長方形のテーブルより広い面積が必要となります。

・半円形
天板が半円形になっているダイニングテーブルもあります。
片側が直線になっているので、壁やキッチンカウンターに密着させる形で使用できます。
狭いスペースを有効活用できるのがメリット。
おしゃれな印象も演出できるでしょう。

まとめ

ダイニングテーブルにもいろいろなサイズやデザインのものがあります。
ダイニングのインテリアに合う色や素材を選ぶのはもちろんですが、食事の際、家族みんなが十分なスペースを確保できるかどうかや、ダイニングテーブルを置くことによって住まいの動線が遮られないかなども考慮して選びたいところです。
また、購入の際には、その素材に必要なお手入れや掃除方法などについても聞いておけば安心です。
家族での食事が楽しい時間になる、素敵なダイニングテーブルを見つけてください。