• 2023.7.7
  • ストレス解消できない?自分に合った発散方法を見つけて快適に過ごそう はコメントを受け付けていません

ストレス解消できない?自分に合った発散方法を見つけて快適に過ごそう

「仕事のストレスが溜まっていて夜寝られない」
「ストレス発散方法を試しても、かえって疲れてしまう」
そのようなストレスに関するお悩みをお持ちではありませんか。

ストレスが溜まっていると精神だけではなく、体に不調をきたす場合があります。ただ、自分にあった発散方法がわからず、ストレスが溜まり続けることもあるでしょう。

この記事では、ストレス解消方法やうまくストレスと向き合う方法を解説します。

自分に合ったストレス解消法を探そう

ストレスが溜まる前に、発散したいと考える人は多いはずです。しかし、自分にあったストレス解消方法ではないと、かえって疲れてしまうことも少なくありません。

たとえば友人と会話をしたり、家族と旦那の時間を設けたりすることでリフレッシュする方が、一人で旅行へ行ってもストレスを解消できないでしょう。

自分のタイプと好きなものを踏まえて、適切なストレス発散方法を見つけることが大切です。まずは、自分がどのようなタイプの人間なのかを把握しましょう。

具体的には、一人で過ごすのか、それとも人と一緒に過ごすのかが好きなのかを考えましょう。何も思いつかない場合は、何をすれば気分が下がるのか、消去法で探してみるのも良いでしょう。

自分のネガティブな感情を引き起こすパターンを省いた結果、リフレッシュに繋がるような経験を見つけられるかもしれません。

簡単にできるストレス解消方法

ここからは、簡単にできるストレス解消方法を4つ紹介します。

人と話す
軽い運動をする
好きなものを食べる
しっかりと休む

この方法のなかから、自分の習慣にあったものを探してくださいね。

人と話す

一人で過ごすとネガティブな思考になり、ふさぎ込んでしまう方は、家族や友人などと話すと良いでしょう。一緒にいてリラックスできる相手と話すことで、リフレッシュできるかもしれません。

人と会って笑うことで、ストレス解消にもつながります。交感神経から副交感神経にスイッチが切り替わり、安らぎを感じられるためです。また、笑うことで脳の血流が良くなり、脳梗塞などの血管の詰まることを原因として発症する病気を予防できるとも言われています。

軽い運動をする

軽い有酸素運動が、ストレスの発散に効果的と言われています。体が温かくなり、汗を軽くかく程度の運動量が最適です。毎日20分程度を継続すると、ストレスが溜まりにくくなるでしょう。

室外であればランニングをしたり、ジムに通ったりするのも良いでしょう。もし外で運動できない場合は、室内でヨガやストレッチするのがストレス解消に向いています。日光を浴びながら、ヒーリングミュージックをかけて行うのも効果的です。

ただし、運動しすぎると体が疲れてしまい、翌日に影響が出てしまうかもしれません。疲労が残らない程度の運動量を保つことが大切です。

好きなものを食べる

空腹時にはセロトニンの分泌量が減少し、ストレスを感じやすくなってしまいます。好きなものを食べることで、ストレスを受けにくくなり、気分転換にもなるでしょう。ゆっくりと時間を取って好きなものを食べることで、日々のストレスを忘れられます。

ただし、食べ過ぎると体重が増加してしまい、ストレスを感じてしまいます。適度な量を食べることで、うまくストレス発散できるでしょう。

しっかりと休む

リラックスしてしっかりと休むことが、ストレス発散に効果的です。交感神経を沈静化させ、ストレスが解消できるでしょう。特に、睡眠は脳を休めるため、ストレス発散には必要不可欠です。

しっかりと睡眠を取るために、就寝前のカフェインやアルコールを避け、睡眠の質を上げることが大切です。また、寝る前にスマートフォンを使う方も多いと思いますが、ブルーライトで脳が覚醒してしまうため、なるべく避けましょう。

ストレスとうまく向き合う方法

ストレスを解消しても、仕事や家庭の環境によっては、再びストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。ここからは、ストレスとうまく向き合う方法を解説します。

人と比べない
専門家に相談する

おすすめの順番で解説します。

人と比べない

他人と比べる習慣は、自己肯定感を下げ、ストレスが溜まりやすくなります。自己肯定感とは、自分のありのままの状態を認めることです。プライベートの充実度や仕事の立場など、周囲の人と比べてしまう方も少なくないでしょう。

たとえ日本一番の成績を取っていたとしても、世界と比べると結果が及ばないことも考えられます。他人と比較し続けると、落ち込むことが多くなってしまいます。人は人と割り切って考え、比較する対象を自分の過去に変えることが大切です。

専門家に相談する

自分でメンタルのケアをしても改善しない場合は、専門家に相談しましょう。病院に行くのがハードルが高いと感じるのなら、国が運営する窓口を利用する方法があります。

たとえば、保健所や店各都道府県や政令指定都市に設置されている精神保健福祉センターを利用するのも良いでしょう。

また、厚生労働省が運営している「まもろうよ こころ」などのサービスを利用するのもおすすめします。

まとめ

ストレスを解消するためには、自分にあった方法を探すことが大切です。自分の性格や好きなものを考えて、適切なストレス発散方法を探しましょう。ストレス発散方法の具体例として、人と話すことや好きなものを食べることが挙げられます。

自分に合ったストレス発散方法を見つけ、快適に過ごせるようになりましょう。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2023.10.10

間口が狭い家とは?快適に暮らすための間取りや外観を紹介

「間口が狭い家とはどんな住宅?」 「間口が狭い家の購入を考えているが、デメリットが心配」 「間口が狭い」とは、分からないこともあるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る