• 2023.7.7
  • 過ごしやすい寝室の条件とは?リノベーションして快適な睡眠をとろう! はコメントを受け付けていません

過ごしやすい寝室の条件とは?リノベーションして快適な睡眠をとろう!

「眠りが浅く、何時間寝ても疲れが取れない」
「寝室で休もうとしても、寝つきが悪い」

そのような寝室に関するお悩みをお持ちではないでしょうか。快適な睡眠を取るためには、寝室の環境を改善することが重要です。

特に寝室の光や音、温度、湿度が適切に保たれていないと快適なスイミングは取れません。この記事では快適な睡眠を取るために、ベッドを配置するポイントやリノベーションするコツを解説します。寝室の環境を改善して、普段の疲れを癒せるような環境に変えましょう。

快適な睡眠のためにベッドを配置するポイント

快適な睡眠を取るために、ベッドを配置するポイントが3つあります。

枕元が壁に接するようにする
ドアから見えないところにベッドを設置する
ベッドの周辺に余裕を持たせる

順番に解説します。

枕元が壁に接するようにする

枕元が壁に接している方が精神的にも落ち着き、体調面にも配慮されたレイアウトとなります。窓の近くは外気の影響を受けて空気が冷たくなり、布団をかけていない頭部が冷えて熟睡できず、風邪をひくケースが少なくありません。

枕元を壁に接していると外気の影響を受けにくく、空調の設定温度と体感温度の差も少なくなり、睡眠の質が上がりやすくなります。

ドアから見えないところにベッドを設置する

ドアから見えないところにベッドを設置すると、リラックスしてぐっすりと眠れるでしょう。

ベッドからドアが見えると、誰かが入ってくる気がしたり、見られているように感じたりして、精神的に休まりません。自分で気にしていなくても、ストレスを感じているケースもあります。

何かに気を取られず、睡眠だけに集中できる寝室を作ることが大切です。どうしてもドアが見えるところにしかベッドが配置できない場合は、パーテーションや目隠しになるような家具を配置すると良いでしょう。

ベッドの周辺に余裕を持たせる

ベッドの周辺に余裕を持たせると、睡眠の環境が整うだけではなく、万が一の際にも対応できるようになります。

掛け布団はベッドのサイズよりも大きく作られているため、周囲にスペースがないと、掛け布団にシワができてしまい、身体になじみません。掛け布団と身体の間に隙間ができ、冷たい空気が布団に入り込んで、体温が下がってしまいます。

また、動線を確保するために、人が通れるようにベッドの回りに60cm程度の間隔を空けましょう。スペースを確保すると、普段ベットする際も利用する際も使いやすく、災害時にはスムーズに避難できます。

寝室になるべく置くのを避けたいアイテム

寝室のレイアウトを考える際に、眠りに集中できるように配置するアイテムを減らしましょう。ここでは、特に置かない方がいいアイテムを2つ紹介します。

テレビ

テレビはなんとなく電源を入れてしまい、ダラダラと見続けて睡眠時間を削る原因となります。また、寝る直前まで見てしまうと頭が働き続け、安眠の妨げになるでしょう。

もし、一人暮らしでベッドとテレビを同じ部屋に置く場合は、インテリアを優しい色合いで揃えたり、ベッドからテレビの画面が見にくい位置に設置したりするなどの対策をしましょう。

鏡を設置すると、ベッドで横になった時の姿が気になってしまいます。また、夜中にトイレで起きたときに、鏡に映る自分の姿にドキッとする経験が増えるでしょう。

どうしても寝室に鏡を置く場合は、カバーをかけたり、寝る時は向きを変えたりするなどの対策をしましょう。

快適な寝室にリノベーションする4つのコツ

快適な寝室にリノベーションするために、4つのコツを押さえましょう。

窓から差し込む光を意識する
静音性に注意する
断熱性に気を付ける
調湿建材を使用する

それぞれのコツを解説します。

窓から差し込む光を意識する

リノベーションする際は、光がどのように差し込むのか意識しましょう。窓からの光は、寝室に朝日を取り入れて、自然な起床につながります。しかし、日差しが強い夏は、暑さゆえに起き、起床リズムが崩れる可能性があります。

窓の方角やベッドの位置関係を考えながら、レイアウトを考えましょう。もし、窓がない寝室の場合は、室内窓を設置すると自然光を取り入れられます。

静音性に注意する

最適な睡眠には、生活音が聞こえない静かな環境を整えることが重要です。なるべくリビングやトイレなどと離れたところに寝室を設置しましょう。

たとえば、家族の生活時間帯が異なる場合、リビングが隣り合っていると生活音が気になるでしょう。また、トイレが寝室から近いと、夜中に使用したタイミングで目を覚ましてしまうケースもあります。なるべく生活音が響かないような静かな場所に、寝室を設置しましょう。

断熱性に気を付ける

寝室の窓が多い場合は、断熱性に気をつけましょう。ガラスは熱伝導性が高く、外気の影響を受けやすいため、エアコンをつけても暑さや寒さを感じるケースが少なくありません。

たとえば、窓ガラスをペアガラスや二重サッシにすると、外気との間に空気層ができるため、断熱効果が高まります。また、防音効果があるため、電車や幹線道路などの環境音が気になる場合にも向いています。

調湿建材を使用する

空気中の湿度を調節する調湿建材も、快適な寝室づくりに効果的です。調湿建材とは、人が快適に暮らせる湿度50%前後を保てるように、空気中の水分を調整するものです。調節建材はエコカラットやゼオライト、珪藻土などの種類があります。

調湿建材は、防臭効果や有害な化学物質を吸収する働きがあります。また、デザイン性が高く、おしゃれな寝室にリノベーションできるでしょう。

寝室のリノベーションにかかる費用と期間

リノベーションの費用や期間は、寝室の大きさやリノベーションの範囲によって異なります。ここからは、リノベーションにかかる費用と期間を紹介します。

費用

寝室のリノベーションにかかる費用は、以下の通りです。

費用 大きさ・リノベーションの内容
50万円前後 6畳程度
100万円前後 8畳程度
150万円前後 間取りの変更を伴うリノベーション

あくまで目安になるため、住まいの環境やリノベーション内容によって費用は異なります。

期間

寝室のリノベーションにかかる期間は、以下の通りです。

期間 リノベーション内容
1~4日 壁紙や床の張り替え
1~3週間 間取りの変更を伴うリノベーション
1ヵ月 マンションのスケルトンリフォーム
戸建ての増改築を伴う全面リノベーション

あくまで目安のため、実際にかかる期間はリノベーション業者に確認してください。

まとめ

過ごしやすい寝室にするためには、ベッドの配置を整えることが重要です。また、光や音、湿度を快適に保つ必要があります。寝室のリノベーションにかかる費用は50万円~150万円、期間は1日~1ヶ月程度です。

もし、寝室のイノベーションにお悩みの場合は、リバティーエステートにご相談ください。お客様のお悩みに合わせたリノベーションプランをご紹介します。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2024.1.12

築30年マンションのメリット・デメリットとは?後悔せずに買うためのポイントを紹介

「築30年のマンションは何年住める?」 「築30年のマンションを買って、後悔しないか心配」 初めて中古マンションを買うときは、不安を…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る