• 2023.7.7
  • 快適な湿度は何%?湿度を一定に保つ方法を理解して過ごしやすい環境を整えよう はコメントを受け付けていません

快適な湿度は何%?湿度を一定に保つ方法を理解して過ごしやすい環境を整えよう

「部屋にいると喉がカラカラになる」
「室内で生活していると鼻水が止まらない」
そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

部屋で過ごしているときのお悩みは、湿度が関係しているかもしれません。部屋の湿度が適切に保たれていないと、身体に不調が出ることがあります。

この記事では、住まいの湿度を快適に保つ方法や住まいづくりのコツを紹介します。

快適な湿度とは?

室内で快適に過ごせる湿度は、40〜60%程度と言われています。湿度40%以下の状態は、ドライアイや肌の乾燥を引き起こします。また、新型コロナやインフルエンザなどのウイルスが活性化しやすく、体の不調につながりかねません。

また、湿度が低い環境では、静電気が発生しやすくなるでしょう。湿度があれば空気中の水分を通して静電気が放出されますが、乾燥した空間では逃げ道がなく、静電気が身体やものに集まります。

一方、湿度50%以上になるとダニの動きが活発になり、60%以上になると室内にカビやダニが急激に繁殖しやすい環境に変わります。カビの胞子やダニの死骸はアレルギーの原因となり、呼吸器系の病気になるリスクが少なくありません。

参照:
健康・快適居住環境の指針(東京都福祉保健局)
カビ対策マニュアル実践編(文部科学省)

住まいの湿度を快適に保つ方法


快適な湿度を保つためには、いくつかの方法があります。季節に合わせた対処法を紹介します。

夏に湿度を適正に保つ方法

じめじめとしやすい夏は、湿度を下げる工夫が必要です。空気が動かずに室内に留まっていると湿度が上がりやすくなるため、室内の風通しを良くしましょう。

例えば、窓を開けたり、サーキュレーターや換気扇を回したりするのをおすすめします。空気の通り道が作られ、効率よく空気の循環が行えます。

また、押入れやクローゼット、シンク下などの狭い空間は湿度が溜まりやすいため、除湿剤を置くと効果的に除湿できます。こまめに交換することで、部屋の湿度が適正に保たれ過ごしやすい環境を過ごせます。また、除湿機を稼働させるのも効果的でしょう。

冬に湿度を適正に保つ方法

空気の乾燥する冬は、加湿することが大切です。簡単に加湿できる方法は、洗濯物を部屋干しすることです。洗濯物を乾かすときに発生する水蒸気が部屋の湿度を上げます。また、日照時間が短く、気温が低く、乾きにくい冬の洗濯物もすぐに乾燥するでしょう。

また、暖房器具と加湿器を併用するのもおすすめです。加湿器とストーブやエアコンなどの暖房器具を併用すると、体感温度を上げられるため、電気代も安く済みます。

インテリアとして、観葉植物を置くのも良いでしょう。植物が水蒸気を発散するのである程度の数を置くと室内の湿度も高くなります。また、光合成をするため、室内の空気も良くなるでしょう。

快適な湿度を保つ住まい作りのポイント

住まいの湿度を快適に保つ方法を解説してきましたが、そもそも湿気がたまりやすい家であったり、老朽化によって隙間風が入る住まいの場合は、対策するだけでは湿度を快適に保てません。

根本的な湿度の解決のためには、住まいのリノベーションを考える必要があります。ここからは、快適な湿度を保つリノベーションのポイントを解説します。

風通しの優れた間取りにする

個室が多い間取りだと、風通しが悪い部屋ができてしまいがちです。たとえば、日当たりの悪い北側の個室は、気温が低く、湿度が高くなる傾向があります。

そのため、部屋の換気をするためにも空気の流れを作ることが重要です。家全体に空気が流れるような間取りにすることで、特定の部屋だけに空気がこもる事態を改善することができます。

もし、間取りを変更するのが難しい場合は、室内窓を設置するのがおすすめです。クローゼットに設置すれば、梅雨時などの湿度が上がる時期でも衣服にカビが生える心配はありません。

調質建材を利用する

湿度が高いときは水分を吸収し、乾燥しているときに水分を放出する「調湿建材」を利用しましょう。調湿建材は、人が快適に暮らせる湿度50%前後を保てるように空気中の水分を調整します。調湿建材の具体例として、エコカラットやゼオライト、珪藻土などが挙げられます。

調湿建材には湿度を調節するだけではなく、有害な化学物質の吸収や脱臭効果、空気をきれいにする効果があります。組み合わせによってはデザイン性も高く、おしゃれな住まい作りも可能です。

まとめ

快適に暮らすためには、湿度を40〜60%を維持することが重要です。じめじめとする夏に快適に過ごすために、サーキュレーターやエアコンの除湿機能の利用がおすすめです。また乾燥しがちな冬は、室内干しや加湿器を使用するといいでしょう。

湿度対策をしても、快適に過ごせない場合は、リノベーションを検討するのはいかがでしょうか。リバティーエステートでは、快適に過ごせるリノベーションの物件を多く取り揃えています。

また、専属のデザイナーによるお客様の一人ひとりの好みに合わせた5つのプランから、リノベーションのご提案をいたします。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2024.1.12

築30年マンションのメリット・デメリットとは?後悔せずに買うためのポイントを紹介

「築30年のマンションは何年住める?」 「築30年のマンションを買って、後悔しないか心配」 初めて中古マンションを買うときは、不安を…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る