収納暮らし

収納上手に! カラーボックスのDIYアイデアを紹介

収納上手に! カラーボックスのDIYアイデアを紹介

DIYとは‘Do It Yourself’の略で、「自分で作ろう」という意味です。最近とても流行っていますが、自分で作るのは難しいと考えている方が多いのではないでしょうか。
そこで、誰でも簡単にできる、安価でシンプルなカラーボックスを使ったDIYアイデアをいくつか取り上げてご紹介します。
ひと手間加えるだけでさまざまな使い方ができますよ。

リビング編

リビングに必要な家具に、テレビボードがあります。テレビボードは購入しようとすると結構値が張るものです。
そんなテレビボードがカラーボックスで作れます。
カラーボックスを横向きに置き、扉を付けたり、部屋の雰囲気に合うインナーボックスを入れたり、可愛い生地で目隠しをするのもいいですね。
スペースがあれば、その両サイドにカラーボックスを縦に置くことで収納スペースが大きくなり、豪華なテレビボードができあがります。カラーボックスにペンキで好きな色を塗るのもおすすめです。
ソファーの背もたれの後ろにカラーボックスを置いて、本を収納したり、子供のおもちゃ入れにしたりしてもいいですね。

キッチン編

シンクや調理台が壁に向かっていて、作業できるスペースが少ないキッチンをお持ちの方であれば、カラーボックスで新たに作業台を作ることができます。
カラーボックスを縦向きに3つ、キッチン側に収納が見えるように並べて、背面には板を貼り、上には集成材の天板をホームセンターで購入して載せるだけです。

固定する作業がいりますが、安くて収納も充実した作業台ができあがります。
また作業台としてだけではなく、カウンターとして使うこともできるので、DIYでちょっとしたカウンターキッチンができることにもなりますね。
収納部分は置くものに合わせて仕切りを自由に変えられます。その点もカラーボックスDIYの魅力です。
カラーボックスを2つにして、真ん中の空いた部分にゴミ箱を置くスペースにすることもできます。

子供部屋編

カラーボックスを縦向きに2つ離して置き天板を置くだけで、勉強机ができます。
カラーボックスの向きも部屋の構造や用途に合わせることができ、教科書を置く本棚にもなります。
側面にフックをつけるとかばん掛けになり便利です。1部屋を2人で使う場合も、横にもう1つ並べることもできますし、L字型に置くこともできます。
子供用だけでなく、作業台や、パソコンやプリンターを置くスペースに活用してもいいでしょう。
カラーボックスを縦にして、上から1つ目と2つ目の仕切りを取って、つっぱり棒をつけると、学生服や上着を掛けられるアウタークローゼットになります。
カラーボックスを2つ離して置き、その間につっぱり棒をつけることもできます。

子供部屋編

カラーボックスのDIYは安くて組み合わせが豊富で、自分の用途に合わせて自由に作ることができるのが魅力です。
また、部屋の雰囲気に合わせて、色やインナーボックス、布の柄を選ぶのも楽しみのひとつです。
興味のある方はぜひここでご紹介したDIYにチャレンジしてみてください。