リフォーム水回り

より快適、より便利に! 洗面所リフォームのポイント

対面キッチンのリフォームで押さえておきたい3つのポイント

洗面所のリフォームというと、洗面台の入れ替えにばかり注目しがちですが、洗面所というスペースの使い方を考えてみることで、より便利に、より快適にすることができます。
ここでは、洗面所リフォームのプランを考える際に検討したいポイントをご紹介します。

ポイント1. 防水、防カビ性能を高める

洗面所は、洗顔や歯みがきなどで毎日水を使う場所です。
それに加えて、脱衣所や洗濯機置き場を同一スペースにしているご家庭も多いでしょう。
このため、洗面所まわりは住まいの中でも湿気による腐食やカビなどが生じやすい場所であると言えます。
この点を意識して、リフォームの際には防水性、調湿性の高い床材や壁材、天井材を選ぶことをおすすめします。

あわせて、脱衣所として使う場合には断熱性を高めることも大切。
冬場のヒートショック防止のためにも、二重窓など窓の断熱リフォーム、ヒーターの設置などといった工夫を取り入れるとよいでしょう。

ポイント2. 収納力を高める

ポイント1. 雑然としたキッチンにならない工夫を

洗面所には、家族全員の歯ブラシや洗顔剤、カミソリ、化粧品などといった小物が置かれることになります。
小物を十分に収納できる収納力の高い洗面台を選ぶのがおすすめです。
あわせて、洗面台周りに壁埋め込み式の収納を設置するのもおすすめです。

また、洗濯機を同じスペースに設置する場合は、洗剤や柔軟剤などのストックも洗面所に収納できれば便利です。
これらの収納を考えるのであれば、洗面所に突っ張り棒や吊戸棚を設置するのも良いかもしれません。

また洗面台下にコーナーシェルフ(コーナー棚)を置くことで、デッドスペースを有効に使うことができますよ。

ポイント3. 動線を考えて家事の時短につなげる

脱衣所と洗濯機を同じスペースに置くことで、お風呂に入るために脱いだ衣類をそのまま洗濯カゴに入れ洗濯機へと移動させやすいメリットがあります。
これに加えて、洗濯にまつわる一連の作業動線を意識して必要なものを設置すれば、さらにスムーズに家事を行うことができ、時短にもつながります。

例えば、洗濯機に入れる前に軽く手洗いが必要な場合などに、洗面台の洗面ボウルが大きめのものであれば、ほかにバケツやたらいなど、手洗いに必要な物を用意する必要がありません。
また、部屋干し用のユニットを洗面所に設置しておけば、洗濯機から取り出した洗濯物をその場で干すことができます。

さらにアイロンをかけたり畳んで片付けたりするスペースについても検討しておくと良いですね。

まとめ

以上、洗面所リフォームで考えておきたいポイントをご紹介しました。
浴室やキッチン、トイレなどに比べ、同じ水回りでも後回しにしてしまうのが洗面所のリフォームです。

しかし、家族全員が毎日使い、家事の利便性にも関わる意外と重要な場所。
リフォームの際にはいろいろな工夫を取り入れて、より快適で便利な洗面所を目指してみてください。