中古マンション購入

独身の方がマンションを購入するメリットとデメリット

独身の方がマンションを購入するメリットとデメリット

独身の方は、結婚するまでマンションを購入しないで賃貸物件に住み続けると考える方が多いかと思います。
しかし、独身の方でも購入する方はいらっしゃいます。

そこで独身の方がマンションを購入する場合のいくつかのメリットとデメリットをご紹介し、マンション購入時の参考としていただければと思います。

独身の方がマンションを購入するメリット

独身の方がマンションを購入するメリットは、主に次のようなものが挙げられます。

・ローン完済後、資産になる
マンションを購入した場合は、その後のライフスタイルなどにもよりますが、住宅ローンの完済後、自身や家族の資産になります。
また完済後は、賃貸マンションとして貸し出すこともできるので、場合によっては老後資金として考えることもできると言えるでしょう。

・独身時代の無駄な出費を抑えられる
独身時代は家族を養う必要がないため、無意識に出費が増えてしまうものです。
マンションを購入すると、家族を養うという義務意識を持ちますので、独身時代ならではの無駄な出費が抑えられます。
お金の管理にルーズな人ほど、早めにマンションを購入したほうが良いと言えるかもしれません。

・自分の好みで選ぶことができる
家庭を持ってからマンションを購入すると、どこに住むか、どういったデザインにするかなど家族の声を取り入れなければなりません。
一方独身の場合はその様な制限はなく、自分の好みだけで好きなマンションを購入する事ができます。

独身の方がマンションを購入するデメリット

独身の方がマンションを購入するデメリット

独身の方がマンションを購入するデメリットは、主に次のようなものが挙げられます。

・返済困難になる場合がある
独身ですと共働きの夫婦より世帯収入はどうしても落ちますので、あまりに高額なマンションを購入すると将来的に返済が困難になり売却を迫られることがあります。
特に定年が近い独身の方はローンの返済期間もありますので、無理に高額なマンションを購入するにはリスクが伴います。
また一生独身を想定して高額なマンションを購入したのに、途中で結婚し子供ができた場合にも、返済計画が狂い売却を迫られることがあります。

・途中でマンションを変える事ができない
マンションを一度購入してしまうと、賃貸のように直ぐに引越しはできません。
別の土地に住みたくなったり、仕事などで別の土地に配属させられる事もあるかもしれませんが、そういった場合に不便な思いをする事となり生活や仕事の幅を狭めてしまう事もあります。

・天災時にリスクを負う
これは独身だけでなく結婚している方にも言える事ですが、マンションを購入してしまうと地震や台風などの天災に襲われた際にリスクを負う事になります。
保険をかける事もできますが、天災保険は高額なので別の問題が発生してしまいます。
一方で賃貸の場合は、天災でマンションが倒壊、また水没しても借主が責任を負う必要はありません。
天災大国の日本では、天災リスクも大きなデメリットと言えます。

このように独身でマンションを購入する事には、メリット、デメリットの両面があります。
人それぞれの事情でメリット、デメリットの度合いも変わるかと思いますので、ご自身の現状や将来のライフスタイルを考えた上でどちらを選ぶのかをおすすめします。