中古マンション購入

20代で中古マンションを購入するメリットとデメリット

20代で中古マンションを購入するメリットとデメリット

「マンション購入は収入が増えてから」「生活が安定してから」などと感じる方が多い一方で、「20代のうちに中古マンションを買ってしまおう」と考える方もいます。
そこで20代の方が不動産を購入する場合のいくつかのメリットやデメリットを紹介し、中古マンション購入時のご参考としていただければと思います。

20代でも購入できるのか?

国税庁民間給与実態調査によると、20代の平均年収はおよそ300万円代で、また金融広報中央委員会「知るぽると」によると貯蓄は平均379万円(中央値180万円)と言われています。
審査はどのように行われるのでしょうか?

中古とはいえ、住宅ローンを利用することになります。
その際、金融機関はさまざまな審査を行います。
20代でも年収が多く用意できる資金が多いほど審査が通りやすくなります。

また収入が低くても自己資金が多い場合や、自己資金は少なくても年収が多い場合などで融資を受けられることもあります。
ただし、他の年代と比べて資産がない・低いという点で借り入れられる金額が低くなるという点があるので注意が必要です。

20代で中古マンションを購入するメリット

最大のメリットは、資産形成につながるという点にあります。
中古マンションを購入し住宅ローンを支払い終われば、そのマンションは資産として残ります。
早くローンを支払い終われば、それだけ早い段階で資産形成ができます。

20代で購入した場合、30年ローンであれば50代で返済が完了することになります。

また、働き盛りの30代で繰り上げて返済に取り組むと、40代で住宅ローンを完済することも不可能ではありません。
返済が完了すれば、資産となったマンションを賃貸として人に貸し、自分は新たに住居を購入できるという選択肢も出てきます。
新たに住居を購入しても、その返済に賃貸の収入を充てることができるため、家計の負担も軽減されます。

さらに20代で中古マンションを購入することで、社会的信頼と計画性のある人という印象を得ることができます。

20代で中古マンションを購入するデメリット

20代で中古マンションを購入するデメリット

20代で不動産を購入する場合、中古マンションでもかなり入念に返済計画を練らなければいけません。
返済には、ボーナスを当てにしない方がよいでしょう。
企業の業績や個人の成績によって変化するボーナスは、最悪受け取れない可能性もあります。
こういった場合に家計に大きな影響を与えることになるため、注意が必要です。

また20代は結婚や出産、離婚や転勤、転職などのライフイベントが多くあり、それによって生活の場所なども変動する可能性があります。
現在、職場まで通勤しやすい場所であっても、新たな職場への通勤には不自由になってしまうかもしれません。
さらに、先にご紹介したように住宅ローンでは借入額が低くなる可能性もあります。

収入や貯蓄が少ないことで、頭金が低くなり購入できる物件の選択肢も狭まってしまいます。

まとめ

20代の中古マンションの購入は、将来を見据えた計画的な行動であり、さまざまなメリットがある一方で、30代や40代と比べて収入や貯蓄が低いことが、借入額などに影響します。

「ローンの返済が済んだら資産として運用し、新しい住居を購入したい」と考えている場合は、専門家と相談しながらマンション購入を計画してみてはいかがでしょうか?