ライフステージ

部屋の状態があなたを老けさせている?!若さを得るための風水術


(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

「あなたの部屋は若々しい部屋ですか?それとも老いた部屋ですか?」
この質問は、家の築年数のお話ではありません。また趣味や好みが若い渋いというお話でもありません。部屋を形作る雰囲気やそこに流れている氣の性質に「若々しさ」や「老け・やつれ」があるというお話です。そしてその状況を招いているのはあなた自身です。
風水では家の中に「若さ・健康・美」にも課題を発見し、アドバイスを行うことができます。身体の場合「肌に潤いやツヤがない」「体の動きが鈍い」「身体の節々が痛い」という症状があると、歳をとったなぁ…と感じますよね。ご自宅に同じような現象が起きているとしたら大変です。若々しさを得られる住まいにするにはどうしたら良いか、一緒に紐解いていきましょう。

若々しさを奪っているかもしれないお部屋の症状とは?

ご自宅が健康的に整えられていると、空間にも健康的な氣が発せられ、身体にも健康面や若さにプラスの作用を及ぼします。毎日暮らす家の風景や特徴を私たちの潜在意識は繰り返し浴び続けていますから当然と言えば当然。潜在意識は健在意識の数万倍の情報を処理しているので、好むと好まざるに関係なく、大きな影響を受けていることは間違いありません。

<若々しさを奪っているかもしれないお部屋の症状>

  • 部屋が埃っぽい・乾いた印象
  • フルに開閉できないドアがある
  • 窓がスムーズに開かない/普段開けていない窓がある

自分の家または部屋の状況が、上記の3つに当てはまったら危険信号。今気づいたらラッキーだと受け止めて、若々しさを与えてくれるお部屋に変えていきましょう。

「喉が渇く部屋」に潤いを与える方法は?

部屋が埃っぽい、経年変化で色褪せたものが多い、ドライフラワーがあるなどは、物理的に乾燥していて「喉が渇く」部屋。潤いが不足しています。また埃っぽくはなくても全体的にベージュ系に統一されている部屋は、「砂」や「大地」に代表される「土」の氣が強くなります。「土」の氣は必要ですが、多すぎることで砂漠にいるときのような感覚になっていきます。砂漠にいるとどうなるか?オアシスが恋しくなりますよね。

潤いを与える方法は2つ。1つ目は、時が止まったような色褪せたものやドライフラワーなど乾ききったものを取り除いた上で「水拭き掃除」をすること。空間に物理的に「水」をもたらすことで潤いが補給されます。お肌と同様に室内も保湿されて整いますよ。2つ目は、インテリアの色彩にブルーやグリーン系を取り入れるという方法。ベージュ系が多い部屋は「土」の氣が多すぎるため、相反する「水」のブルーと、土から栄養を吸い取る「木」のカラーであるグリーンを取り入れることで空間に潤いを与えることができます。グリーンは植物そのものを配置するのも大変おすすめですよ。

「開閉しづらいドア」を解消するとどんな良いことがあるの?

ドアまわりに障害物がある、もしくはドアにバッグやコートなどがぶら下がっていると、ドアがフルに開閉できませんよね。そうした状態は部屋の隅々まで新鮮な空気が流れず停滞を招きやすくなりますが、身体においては「動きの鈍さ」ともつながりやすくなります。「そういえば最近身体が重い」「動きが鈍くなっている…」と感じる方は、ご自宅内に重たいドア、スムーズに開かないドアがないか確認してみてください。そしてフルに開閉できるようにしましょう。

「開かずの窓」を発見したらすぐにやってほしいこと

3つ目は窓です。コロナ禍で毎日換気を心がけていらっしゃるご家庭は多いと思いますが、同じ窓ばかり開けていませんか?全ての窓を開けているという人でも、右から左には開けていても、左から右には開けていないということはありませんか?普段開けていない窓に気づけたらラッキーです。硬くなった窓の滑りをよくし、サンの汚れを落とし、しばらく風を通しましょう。「開かずの窓」や「開閉しづらい窓」がある部屋は、関節の動きが悪くなった身体のようなもの。関節の可動域が広く若々しい身体をイメージしながら、窓周りの可動域も広げてみてください。

いかがでしたでしょうか。部屋は私たちの内面や身体の延長にあるもので、相似形のような状況が現れていきます。眠っている間にお肌に効く美容液には関心があるのに、日々暮らす家が若さにも作用していることに無頓着であるのは考えてみればナンセンス。思い当たるところからからぜひ行動してみてください。そして実践することで変化する体感や事象にも意識を向けてみてくださいね。

(風水コンサルタント フジワラユカ)