マンション購入

マンション売却方法|買取と仲介の違いをわかりやすく解説!

所有しているマンションや戸建てを売却するには主に2種類あるのをご存知ですか?
実際に売却するという時になって、どう進めたら良いのか、不安になってしまうことも。
今回は、マンション売却を検討中の方に、売却方法である買取・仲介の特徴を交えながら違いについて解説します。不動産を売るということは人生でそう何度もあることではありません。後悔なく、気持ちの良い売却ができるお手伝いになれば幸いです。

マンションの売却方法には2種類ある

新しい住まいを検討する時に分譲マンションにお住まいの方の多くは、今のマンションを売却し、現在支払っている住宅ローン残債に充てたり、新しい住まいの頭金など充てることがあると思います。
売却をする時に、高額で売りたい、手間をなるべく掛けたくない、すぐに現金化したいなど優先順位は人それぞれ。
売却の方法を理解して、より賢く売るために、2種類の売却方法である買取と仲介の違いを確認しておきましょう。

売却方法その①買取

買取は不動産会社が直接買い取ってくれることです。不動産会社が提示する査定金額に納得し契約すれば、買取は成立します。
買取ったお部屋は、不動産会社がリフォームやリノベーション、ハウスクリーニングなどを施し、一般のお客様や企業などに販売します。不動産屋がそのまま保有し賃貸で貸すこともあります。
つまり、売却相手が不動産会社になりますので、内見の回数は1~2回で査定金額が決まるためスピーディーに売却することが可能です。

売却方法その②仲介

では、仲介とはどのような売却方法でしょうか?不動産会社は、売りたいマンションをなるべく高い価格での契約が成立が成立するように専門的にサポートする立場となり、売却するのは売り手本人になります。
仲介不動産会社が店頭やネットなどに物件情報を掲載し、お客様を探し見つけて紹介してくれるのです。探しているお客さんとのマッチングサービスといえます。契約に関わる手続きも不動産会社が全面的にサポートしてくれます。

買取のメリット・デメリット

買取のメリットはなんといっても売却までのスピードの速さです。
ほとんどの場合1度お部屋を内見すれば、相手は買取のプロですから適正な査定額で買取額を提示してくれます。売却する家に入居中の場合、数回の内見のみで済むので、でご近所の方に知られることもなく売却できるのもメリットの一つです。
また、次の入居者が決まった後に発生したトラブル(鍵が壊れた、建具の調子が悪い、すぐに給湯器が壊れたなど)は「瑕疵担保責任免責」により買い取った不動産会社が引き受けることになっています。
デメリットとしては査定金額を不動産会社が決めるので、もっと高値で売買できたかもという心残りを持つ場合があります。買取の場合、不動産会社が再度販売するために市場価格より2~3割ほど安く買い取るのが一般的です。

仲介のメリット・デメリット

仲介のメリットは不動産会社に査定してもらった金額を参考に、売却する方が販売金額を決めることができます。市場価格で販売できるので、買取より高く売却できることが一般的です。
売却に関わるお手伝いを不動産会社がサポートしてくれるので契約手続きが完了するまで安心して進めることができます。
デメリットとしては、不動産会社がサポートしてくれる分、売り手と買い手両者に「仲介手数料」を支払う必要があります。仲介手数料を含めて購入予算金額と考える人も多いため、不動産会社を通じて買い手側から販売価格を下げて欲しいという価格交渉が入ることも。
また、買取より売却までに時間がかかるケースが多く、取引成立まで平均的にマンションで3~6ヶ月、戸建てで9~12ヶ月と言われています。

買取と仲介を比較

では、買取と仲介、どのような視点から決めたらいいのでしょうか?
手間をかけずすぐに売却し現金化したい方は買取がおすすめです。入居中のお部屋を売却する場合も、何度もお客様が内見に来ることがあり、精神的な負担も大きいですので買取の方がいいかもしれません。

すでに、空き家になっていて、ローン残高もないといった物件の場合は仲介がおすすめです。
時間をかけて販売できるので希望販売額に近い金額で売却できる可能性が高くなります。
ただ、マンションの場合は毎月の管理費・修繕積立金、などが発生しますので時間が掛かれば掛かるだけ維持費の負担があります。

買取と仲介のいいとこ取り?買取保証

買取保証とは、ある期日を設けてそれまでに仲介販売で買い手を探しますが、期日を過ぎても売却できなかった場合、予め決めていた価格で買い取ってもらうサービスです。期間を設定することで、その後のスケジュールが組みやすいメリットがあります。

リバティーエステートは、買取保証サービスに対応していますので、気になる方は、ぜひご相談ください。

まとめ/マンションの売却方法を知り賢く売る

所有しているマンションを売りたいとき、まず売る物件の市場価値を確認してみましょう。
ポストに入ってくるチラシなどで近隣の類似した物件を参考にするのもお勧めです。
より賢く売るために、売却方法である買取と仲介の特徴を知り、比較することが重要です。

【買取】
メリット:すぐに現金化できる
メリット:近所に知られずに売却できる
メリット:売却後のトラブル対応をしなくて済む
メリット:仲介手数料がかからない
デメリット:売却金額が市場価格より3割程度安くなる

築年数が経っている、バス便、戸建て、仲介で販売したがなかなか決まらない、などの物件は売却に時間を要するため、買取がお勧めです。

【仲介】
メリット:販売価格を自分で決めることができる
メリット:買取より高く売却できる
デメリット:売却までに時間がかかる場合がある
デメリット:売却までに内見の予約が何度かあるので精神的な負担がある

築浅物件、駅チカなど利便性の高い物件、マンションの設備が充実物件などは早く売却できる可能性が高いので仲介がお勧めです。

また、売ることに迷っている場合は賃貸のオーナーになることも検討してみてもいいかもしれません。不動産会社によってはリノベーションから入居者までワンストップでサポートしてくれますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

リバティーエステートは、高価買取に精通した不動産のプロフェッショナルがお客様のお部屋を査定いたします。賃貸をお考えの方にも対応致します。リノベーションのデザインや業者の紹介、入居者探しからアフターサービスまでワンストップでお任せ下さい。