エリア暮らし

種類いろいろ! キッチンのタイプ別特徴

種類いろいろ! キッチンのタイプ別特徴

住宅を購入する際には、自分の理想通りの設備が設けられているかどうか気になるところです。
キッチンのような毎日使う箇所であれば、使い勝手がいいものを選びたいものですよね。
キッチンにはいろいろな種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。
自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。
ここでは、キッチンの種類にはどのようなものがあるのかご紹介します。

カウンターキッチン

カウンターキッチンとは、リビングやダイニングに向かって対面になっているキッチンのことを言います。
キッチンで作業をしているときにもリビングやダイニングを見渡すことができるため、開放感がありリビングにいる家族と会話ができ、疎外感を抱きにくいというのが大きなメリットです。
ただ、リビングとダイニングに向かってキッチン空間がオープンになっていることから、ニオイなどが部屋全体に広がってしまうというデメリットがあります。

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、その名の通り島のように独立しているタイプのキッチンです。
キッチンが壁に接しておらず、周囲をぐるりと移動することができます。
大勢で料理をすることができるため、家族みんなで料理をしたり、友達が集まって料理をしたりすることが可能です。
ただし、アイランドキッチンは独立した状態で設置するため、設置するには広いスペースが必要になります。また、カウンターキッチン同様、リビングやダイニングと同じ空間にキッチンがあるため、ニオイが部屋全体に広がりやすいというという点がデメリットです。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンとは、アイランドキッチンの一部が壁に接し、半島(ペニンシュラ)のようになっているタイプのキッチンです。
カウンターキッチンに多く見られるタイプで、アイランドキッチンと比べて設置に必要なスペースが比較的狭くても問題ないというメリットがあります。

また、アイランドキッチンの場合、キッチンが壁に接していないため換気扇の種類に制約が生じますが、ペニンシュラキッチンの場合は、コンロを壁に面した部分に設置することで、選べる種類が多くなります。
ただし、壁に接している分、アイランドキッチンよりも開放感が小さくなるというのがデメリットです。

I型キッチン

I型キッチンとは、コンロからシンクまでがI字型、つまり横一直線に並んでいるタイプのキッチンのことです。
ペニンシュラキッチンとの違いは、作業をする手元がリビング、ダイニング側から見えなくなっていることが多いという点でしょう。
手元が隠れているため、キッチンのごちゃごちゃした感じが隠しやすいという点がメリットです。
ただ、その分開放感は減少します。

L型キッチン

L型キッチン

L型キッチンは、作業台がL字に曲がったタイプのキッチンです。
I型キッチンに比べキッチンスペースが広くなるため、作業がしやすくなるというメリットがあります。
また、体の向きを変えるだけでコンロからシンクに作業場を変えられるので、移動が楽というのもメリットです。
ただ、コーナー部分がデッドスペースになってしまい、収納スペースがとりにくいというデメリットがあります。

まとめ

キッチンにはさまざまな種類があります。
それぞれで使い勝手が違いますし、メリット、デメリットがありますので、自分のスタイルに合ったものを選ぶことが重要になります。
キッチンは毎日、長時間使う箇所です。
ストレスが少なく、楽しい気分で作業ができるものを選びたいものですよね。
ここで紹介したことを参考にして、自分にピッタリのキッチンを選ぶようにしてくださいね。