デザイン暮らし

バスルームを充実させる3つのおすすめ設備

バスルームを充実させる3つのおすすめ設備

バスルームの新築やリフォームの際には広さや内装なども気になるものの、やはり性能や設備を充実させたいという方が多いのではないでしょうか?ここでは、バスルームに取り入れたいおすすめ設備を3つご紹介します。

浴室暖房乾燥機

浴室暖房乾燥機は、バスルームの暖房および乾燥機能と、バスルーム内での洗濯物乾燥の機能を併せ持った機器です。
バスルームの天井裏や壁などに取り付けるのが一般的ですが、後付けできるタイプもあり、さまざまなメーカーから発売されています。
近年はライフスタイルの変化や、防犯上の理由、花粉やPM2.5対策などから洗濯物を外に干さないご家庭も多く、浴室暖房乾燥機の需要はますます高まっていると言えるでしょう。

あらかじめ浴室暖房機能を使って脱衣場やバスルーム内を暖めておくことで、ヒートショックを防ぐことにも役立ちます。
ヒートショックは冬場に住まいの中の温度差により血圧が大きく変動して心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすもので、入浴時は特に注意を要する場面の一つ。特に高齢の方がいるご家庭などでは、ヒートショック防止のためにも浴室暖房乾燥機の設置をおすすめします。

カラリ床

「カラリ床」は、TOTOが開発したバスルーム用の乾きやすい床です。

表面に刻まれた溝を伝って水がゆっくりと排出される仕組みで、翌朝には床が乾きます。
床に残った水滴はすべりやすくバスルーム内での転倒などの原因になるばかりか、カビの発生源にもなります。

カラリ床はスムーズで素早い乾燥を促すことで、こうした問題を防いでくれるのです。
基本のカラリ床のほかに、お子さんや高齢の方にも安心な「ソフトカラリ床」、冬場の足元のひんやりする冷気を抑える「ほっカラリ床」、表面に親水層の特殊処理を施すことで汚れ落ちをスムーズにした「お掃除ラクラクほっカラリ床」などのバリエーションがあります。

エステケアシャワー

エステケアシャワー

「エステケアシャワー」は、パナソニックが開発したシャワーヘッドです。
シャワーのお湯に空気を含ませマイクロバブルを発生させ、肌表面の皮脂汚れを洗い流せるのが特徴です。
薬剤などを使わずに皮脂汚れを落とせるため、肌が敏感な人でも安心して使えます。

スリムでコンパクトなデザインなので女性や子どもの手でも持ちやすく、家族みんなが使いやすい点も魅力。
また、手元に一時給水ボタンがあるため、お湯の出し止めがしやすく節水にも役立ってくれます。

まとめ

バスルームのリフォームなどにあたって取り入れたい、便利なおすすめ設備として「浴室暖房乾燥機」「カラリ床」「エステケアシャワー」の3つをご紹介させていただきました。
バスルームは家族全員が毎日使うことになる場所です。
毎日のバスタイムは少しでも快適に充実した時間にしたいですし、お掃除などの手間はできるだけ減らしたいものですよね。
新築やバスルームのリフォームの際には、便利な設備の導入をぜひ検討してみてください。