デザイン暮らし

自宅で趣味を楽しむ! ワークスペースを作るための工夫

自宅で趣味を楽しむ! ワークスペースを作るための工夫

ネットサーフィンや読書、手芸、絵画などのインドア派の趣味をお持ちの方なら、自宅に趣味を楽しむためのスペースや道具を収納するスペースを確保したいところですよね。
専用のスペースがあれば、休日など自宅で過ごす時間がさらに充実したものになるでしょう。

ここでは、趣味のためのワークスペースを自宅に作るためのアイデアをご紹介します。

リビングやダイニングの一角にカウンターを設ける

リビングやダイニングのテーブルを趣味の作業用デスクと兼用しているという方は多いかもしれません。

でも、作業内容によっては傷や汚れが気になりますし、食事や家族団らんの時間には作業を中断して片付ける必要があります。
デスクを使う趣味をお持ちの場合は、リビングテーブルやダイニングテーブルとは別に、リビングやダイニング、キッチンなどの一角にワークカウンターなどを設けて趣味用のスペースにするのがおすすめです。
個室にこもって趣味を楽しむよりも家族とのコミュニケーションもとりやすく、家族で共用の趣味スペースにすることもできます。

押入れやウォークインクローゼットを活用

「趣味を楽しむための個室がほしいけど、間取りに余裕がない……」という場合は、押入れやウォークインクローゼットなどの収納用スペースをリフォームして趣味専用の個室や半個室、収納付きデスクなどにするという方法もあります。
プチ書斎にPCやゲームを楽しむための専用スペース、手芸用のカウンターなど、落ち着いた空間で集中して楽しみたい趣味に特に向いているといえるでしょう。

玄関土間やシューズクローゼットを活用

玄関土間やシューズクローゼットを活用

陶芸や絵画、DIYなどの趣味を自宅で楽しみたい方に向いているのが、玄関土間と一続きになったワークスペースです。

屋内なので天候を気にせず作業できるうえに、専用道具などを収納しておく場所としても活用できます。
自転車やスノーボード、サーフィンなどアウトドア系の趣味をお持ちの方の収納スペースとしても役立ちます。

まとめ

自宅に趣味を楽しむためのワークスペースを作るためのアイデアをご紹介しました。
「趣味のための空間」というと贅沢な印象を受けるかもしれません。でも、趣味に没頭できる空間があれば、自宅で過ごす時間がより充実したものになるのは間違いありません。

専用の個室を作るのは難しくても、工夫すれば趣味を楽しんだり道具を収納したりするスペースを作ることができるはずです。
ご紹介したアイデアを参考に、ご自身やご家族の趣味に合わせた快適なスペースを作ってみてはいかがでしょうか。