デザイン暮らし

カーテンだけじゃない! インテリアに合わせて選ぶ窓まわりアイテム

カーテンだけじゃない! インテリアに合わせて選ぶ窓まわりアイテム

窓は換気や採光、眺望などさまざまな役割を持っています。
窓から自然光をたくさん採り込める部屋は明るくて気持ちが良いもの。

一方で、時間帯によっては直射当たる日差しがまぶしかったり、窓の位置によっては外からの視線が気になったりといったこともあります。
そんなとき、光の調節や目隠しに役立つ窓まわりアイテムといえばカーテンがおなじみですが、実はカーテン以外にもいろいろな選択肢があります。
ここでは主な窓まわりアイテムの特徴をご紹介します。

カーテン

窓まわりアイテムとして最も一般的なのがカーテンです。

素材や色柄、サイズ、機能性などのバリエーションが、ほかのタイプの窓まわりアイテムと比べ圧倒的に多くなっています。
比較的低価格から購入できるものが多く、季節やインテリアに合わせて気軽に取り替えられるのも魅力です。
開いたときに窓の両脇にかかる面積が多いため、ロールスクリーンやブラインドなどと比べ窓まわりがややもたついた印象になります。
すっきりシンプルなインテリアを目指す場合は、カーテン以外の選択肢を検討するのが良いかもしれません。

ロールスクリーン

ロール状の布を巻き上げたり下ろしたりして開閉するタイプの窓まわりアイテムです。

巻き上げるとコンパクトに収まるため、窓まわりをすっきりと見せることができます。素材やデザイン、開閉方式のバリエーションも豊富です。
ただし、ロールスクリーンはカーテンのように二重に設置することができないため、開いているときには目隠しがありません。
目隠し効果のある窓ガラスとセットで使うのがおすすめです。

シェード

ロールスクリーンと同様、上下に開閉するタイプの窓まわりアイテムです。
ロールスクリーンが生地を巻き取るスタイルであるのに対し、シェードとは生地を上に畳み上げて平行に開閉するスタイルのアイテムを指します。
ロールスクリーンは構造上、ある程度硬さのある生地が使われますが、シェードはやわらかな生地も使えるため、生地の選択肢が広いのが特徴。

カーテンと同様、薄手のものと二重になっているタイプもあり目隠ししつつ採光することが可能です。
ただし、カーテンに比べ、取り外して洗濯するなどのお手入れはやや手間がかかります。

ブラインド

ブラインド

水平に並んだ羽根の角度を調整して、採光を調節できるタイプの窓まわりアイテムです。

ブラインド一つで外からの視線を遮りながら室内に光を採り込むことができます。

シンプルで機能的なデザインなので、モダンなインテリアによく似合います。
窓まわりがすっきりして掃除しやすくなる一方で、ブラインド自体にほこりが溜まりやすく掃除の手間がかかるのが難点かもしれません。

主な窓まわりアイテムの種類とそれぞれの特徴を簡単にご説明させていただきました。
部屋のインテリアによっては、カーテン以外の窓まわりアイテムを取り入れてみるのも良いかもしれません。
お部屋づくりの参考にしてみてください。