シューズクロークとは?使い方や後悔しないためのポイントを解説

「シューズクロークとシューズクローゼットの違いは?」
「シューズクロークを設置して、後悔しないか不安」

リノベーションするときに、シューズクロークを設置するか迷っている方も多いでしょう。そこでこの記事では、シューズクロークの概要やメリット、後悔しないためのポイントを解説します。

満足できるリノベーションするために、ぜひ最後までお読みください。

シューズクロークとは

シューズクロークとは、玄関まわりで使うアイテムを収納する場所です。シューズクロークのタイプにより、土足で出入りできます。ここからは、シューズクロークとシューズクローゼットの違いや、種類について紹介します。

下駄箱・シューズクローゼットとの違い

シューズクロークと下駄箱の違いは、靴の収納に特化しているかどうかです。下駄箱は靴の収納に特化しているため、内部は20cm程度の高さで細かく仕切られていることがほとんどです。一方、シューズクロークは、コートやアウトドア用品などのアイテムを収納できるほどの大きなスペースがあります。

また、シューズクロークはシューズクローゼットとも呼ばれることがあります。シューズクローゼットと、大きな差はありません。

シューズクロークの種類

シューズクローゼットは動線によって、ウォークインとウォークスルーの2種類に分かれます。

ウォークインは、1箇所のみから出入りできるタイプです。ウォークスルーは、玄関と他のもう1箇所に出入り口があるタイプを指します。

またシューズクローゼットは、扉が付いているクローズタイプと出入り口に扉がないオープンタイプの2種類に分かれます。

シューズクロークのメリット・デメリット


シューズクロークを設置する前に、メリット・デメリットを押さえて、本当に必要かどうか考えることが重要です。ここからは、シューズクロークのメリット・デメリットを詳しく解説します。

シューズクロークのメリット

シューズクロークのメリットは、収納力が高いことです。そのため、家族の人数が多く、靴や傘などのアイテムが多い家庭におすすめです。

また、小さなお子さんがいる家庭も、シューズクロークをうまく活用できるでしょう。外遊びのグッズやベビーカーなど外に置きにくく、家の中にも入れにくいアイテムの収納におすすめです。

さらに、外出した後の動線を短くできることもメリットのひとつです。シューズクロークがあれば、靴を下駄箱、ベビーカーをガレージになど、複数の部屋を回る必要はありません。外出の準備や帰宅後の片付けの導線だけでなく、時間も短縮できます。

シューズクロークのデメリット

シューズクロークのデメリットは、下駄箱より広いスペースが必要になるため、玄関のスペースが少なくなることです。必要な部屋数やスペースなどを考えて、ライフスタイルになったスペースを確保しましょう。

シューズクロークは土やホコリが入りやすいため、定期的な掃除が必要になります。維持管理の手間を考えながら、

シューズクロークで後悔しないためのポイント


シューズクロークのメリットは多いですが、ライフスタイルに合わないと後悔する原因になります。後悔しないために、これから紹介する2つのポイントを押さえましょう。

動線を確保する

玄関とシューズクロークだけでなく、他の部屋との動線をイメージすることが重要です。玄関入ってすぐに手を洗いたい場合、シューズクローク内に洗面台を設置すると使いやすくなります。

帰宅後すぐに荷物を片付けたい場合は、玄関から他の部屋につながるウォークスルータイプがおすすめです。

また、動線を確保しながら収納スペースをより増やしたい場合は、キッチンパンドリーやファミリークローゼットをシューズクロークと一体化させると、より使いやすいでしょう。

換気しやすい設計にする

シューズクロークは、靴の匂いや室内まで流れ込んでくる可能性があります。また、匂いだけでなく、湿度もたまりやすいため、カビや雑菌が繁殖するかもしれません。消臭剤や窓を設置するなどの対策が必要です。

リノベーションする際には、換気扇の設置を検討することをおすすめします。

まとめ

シューズクロークとは、玄関まわりのアイテムを収納するスペースです。玄関のみ入り口があるウォークインと、玄関と他の部屋に繋がるウォークスルーがあります。生活スタイルに合わせて、どちらのタイプが向いているか検討しましょう。

シューズクロークは、玄関周りの収納が増えるメリットがあります。アウトドア用品やベビーカーなども収納に向いているでしょう。

ただし、玄関から入ったものをそのまま収納するため、土やホコリがたまりやすいデメリットがあります。掃除する箇所が多くなることを理解した上で設置することが重要です。

シューズクロークを設置して後悔しないために、動線を確保しましょう。また、湿気や匂い対策として使いやすい設計にすることをおすすめします。

リノベーションでシューズクロークを設置するか迷っている方は、リバティーエステートにご相談ください。一人ひとりのライフスタイルにあったリノベーションプランをご提案します。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2023.10.10

間口が狭い家とは?快適に暮らすための間取りや外観を紹介

「間口が狭い家とはどんな住宅?」 「間口が狭い家の購入を考えているが、デメリットが心配」 「間口が狭い」とは、分からないこともあるの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る