• 2023.9.26
  • インテリアでリビングをおしゃれにするコツとは?注意点まで解説 はコメントを受け付けていません

インテリアでリビングをおしゃれにするコツとは?注意点まで解説

「おしゃれなリビングにするコツを知りたい」
「インテリアを増やしたら、ごちゃごちゃしてしまった」

リビングのインテリアに関して、そのようなお悩みをお持ちではありませんか?
そこでこの記事では、インテリアでリビングをおしゃれにするコツや注意点を解説します。
家族がくつろげるおしゃれなリビングにしたい方は、ぜひ最後までお読みください。

リビングをおしゃれにするコツ

ここからは、リビングをおしゃれにするコツを3つ紹介します。

・インテリアのカラーを決める
・インテリアの高さを揃える
・インテリアの形を揃える

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

インテリアのカラーを決める

リビングをおしゃれにするために、まずインテリアの配色を考えましょう。メインとなるインテリアのカラーを決めることで、リビングのイメージが固まります。2~3色に色を絞ってコーディネートすると、まとまった空間になります。

ナチュラルにしたい場合はベージュやホワイト、スタイリッシュにしたい場合はブラックやネイビーなどの色を選ぶと、綺麗にまとまるでしょう。

インテリアの高さを揃える

インテリアの高さは、リビングにいる人の心境に影響を与えます。たとえば、キャビネットやテレビボードなどの高さが合っていないと、不安な気持ちになるかもしれません。

リビングに置く家具の高さを揃えると、すっきりとした印象になります。また、高さが低い家具でまとめると、部屋が広く見え、くつろげる空間になるでしょう。

インテリアの形を揃える

インテリアの形を揃えると、すっきりとした部屋になります。たとえば、曲線や直線などでインテリアを統一すると、部屋のイメージ。

曲線が多いと柔らかいイメージ、直線だとクールなイメージなど、表現したいイメージに合わせて選ぶのがおすすめです。インテリアの形を揃えると、物が多くても、綺麗にまとまります。

おしゃれなリビングにするため+αのインテリア

おしゃれなリビングにするために、観葉植物を置いたり、照明にこだわると垢ぬけた雰囲気になります。ここからは、それぞれのアイテムのポイントを紹介します。

観葉植物

観葉植物を置くと、緑のカラーが部屋を彩ります。置くと空気もきれいになるので、家族がリビングに集まったときにリフレッシュするでしょう。

観葉植物を置くときは、リビングの日当たりにあった種類のものを選ぶのが大切です。日当たりが悪いリビングは、モンステラやガジュマル、ドラセナなどが向いています。日当たりが良いリビングには、サボテンやパキラ、アイビーなどがおすすめです。

照明

照明器具にこだわると、おしゃれなリビングになるでしょう。ペンダントライトや間接照明を使って複数の光を取り入れると、雰囲気のあるリビングになります。

明るさや色が変えられるものを選ぶと、時間帯に合わせた演出ができるのでおすすめです。たとえば、オレンジのライトを使えば、レストランのような落ち着きのある空間を演出できます。日中作業するときに、白いライトで明るくすると、雰囲気を変えて楽しめます。

おしゃれなリビングにするときの注意点

おしゃれなリビングにしても、使いにくければ満足できないでしょう。押さえておきたい注意点を解説します。

・生活しやすい空間にする
・照明器具の配線を確認する
・家具の日焼けに気を付ける

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

生活しやすい空間にする

インテリアにこだわると、おしゃれさや写真映えする空間を重視してしまい、生活しにくくなってしまうかもしれません。

例えば、猫を飼っているリビングに革張りのソファーを置くと爪とぎですぐに劣化してしまうでしょう。また、キッチンやダイニングの動線が悪いと、リビングに集まることが少なくなるかもしれません。

ペットや住んでいる環境によって、使いやすいインテリアが異なります。見た目だけではなく、生活スタイルにあったアイテムを選びましょう。

照明器具の配線を確認する

埋め込み型のダウンライトや吊り下げ型のペンダントライトを使うと、リビングがよりおしゃれに見えます。ただし、照明器具には配線を通さなければ使えないため、設置前に通せるか確認しましょう。

配線は、天井や壁の裏に通す必要があります。特に、埋め込み型のダウンライトは高さが15cm程度の本体を埋め込むため、壁の深さが必要になります。

配線が不安な場合は、あらかじめリノベーション業者に確認しましょう。

家具の日焼けに気を付ける

リビングは、南向きが多いため、家具の日焼けに気をつけましょう。日焼けだけではなく、ビニール素材が溶けることもあります。日焼け防止のために、ブラインドや遮光カーテンがおすすめです。

日当たりを確保したい場合、UVカットスプレーを家具に吹き付けるのもいいでしょう。

まとめ

リビングをおしゃれにするコツは、インテリアのカラーを決めたり、インテリアの高さを揃えたりすることです。

ただし、生活しやすさや照明器具の配線に注意しましょう。

もしリノベーションでおしゃれなリビングにしたい場合は、リバティーエステートにご相談ください。3つのプランから、お客様に合わせたリノベーションをご提案します。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2024.2.13

新築マンションVS中古マンション コストとメリット・デメリットを徹底比較

aCost Comparison of 価値観の多様化と経済的な要因を踏まえると、新築か中古のマンションを選ぶことは大きな選択肢となっ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る