間口が狭い家とは?快適に暮らすための間取りや外観を紹介

「間口が狭い家とはどんな住宅?」
「間口が狭い家の購入を考えているが、デメリットが心配」

「間口が狭い」とは、分からないこともあるのではないでしょうか?そこでこの記事では、間口の概要や、間口が狭い家のメリット・デメリットを解説します。

数少ないマイホームの購入だからこそ、後悔しないためにぜひ最後までお読みください。

間口とは

間口とは、土地が公道に接している部分を指します。住宅を建てる土地を探すときには、間口がどのように公道に接しているかを指す接道を確認しましょう。

土地に新たな住宅を建築する場合、建築基準法により4m以上の公道に対して、間口の幅が2m以上必要と定められているためです。

ただし、この間口の幅は、一番幅が狭い部分で2m以上必要と定められています。間口が複数ある複雑な形状な土地は、建築基準法に則って新しい家を建てられるのか事前に役所に確認すると安心です。

間口が狭い家のメリット

間口の狭い家には、注意点がある一方でメリットが多くあります。ここからは、メリットを2つ解説します。

土地が安い

土地の一部だけ間口が狭い旗竿地(はたざおち)は日当たりの悪さから、価格が安い傾向があります。

土地の形状や面積によって変わりますが、一般的な土地よりも20~30%程度価格が抑えられます。

土地よりも住宅にこだわりたい場合、間口の狭い土地に家を建てるのも向いているでしょう。

静かな環境になりやすい

旗竿地は奥まった場所にあるため、道路の交通量が多い場合でも、静かな環境になりやすい傾向があります

また、奥まった場所にあることから、リビングの部屋や庭を接道から覗かれる心配もなく、洗濯物を干したり、子供を安心して遊ばせたりすることもできます。

自宅でのビデオ会議のときに騒音が入らないため、リモートワークの環境としても良いでしょう。

間口が狭い家のデメリット

間口の狭い家にはメリットがある一方で、デメリットも多くあります。ここからは、押さえておきたいデメリットを解説します。

建築コストがかかる

間口の狭い家に建てる場合、重機が敷地内に入らないケースがあります。人手が増えてしまい、工事費用がかさむかもしれません。

ガス缶や水道管の引き込み工事が必要になれば、別途工事費用も必要になります。

すべての間口の狭い土地が建築コストが上がるわけではありませんが、土地を購入する前に建築会社などに相談しておくと良いでしょう。

デザインの選択肢が限られる

間口の狭い土地に家を建てるときには、土地の形から部屋や窓の位置がある程度決まってしまいます。デザインの自由度が低くなるため、自分好みの設計ができない可能性があります。

もし、間口が狭い土地で費用を抑えながらデザインの選択肢を広げたい場合、旗竿地のように奥の敷地面積が広い土地を購入しましょう。

また間口が狭い土地に家を建てる場合、マイカーの選択肢が限定されることがあります。自転車や人の通行を考え、現在所有している車が間口に通るのか確認しましょう。

間口に通らなければ、レンタカーやカーシェアなどを利用する手段もあります。

間口が狭い家で快適に暮らす2つのポイント

間口の狭い家では、デメリットをうまくカバーできれば快適に過ごせます。ここからは、間口の狭い家で快適に暮らすポイントを解説します。

遮音性を高める

間口の狭い家は他の住宅に囲まれていることが多く、隣の家との距離が近い傾向があります。また、窓を通して近隣の生活音が聞こえるかもしれません。

隣の家と窓の位置をずらしたり、壁に防音素材を使用したりすることをおすすめします。また、換気扇も音漏れの原因となるため、生活音が周囲の迷惑にならないように位置を注意しましょう。

なるべく仕切りを少なくする

敷地面積にもよりますが、近隣住宅に囲まれているため日当たりが悪くなりやすいとされています。建築できる種類が定められている用途地域の指定により、近くに高い建物が建築されてしまい、より日当たりが悪くなるかもしれません。

土地を購入する場合、用途地域を確認し、今後どのぐらいの高さの建物が建てられる可能性があるのか確認しましょう。用途地域は市町村のホームページで確認できます。

日当たりが悪い家を壁で区切ってしまうとより光が通らず、暗い部屋になってしまいます。ガラス窓や木の格子などを利用して、部屋が明るくなる工夫をしましょう。

ただし、壁で仕切らなければ開放感を感じられますが、冷暖房の効率が落ちてしまいます。壁に断熱材を入れたり、床暖房を設置したりしましょう。

まとめ

間口とは、土地が公道に面している部分です。間口が狭い家は土地が安く、静かに環境に過ごせるメリットがあります。しかし、デメリットとして建築コストがかかり、デザインの選択肢が限られることが挙げられます。

間口の狭い家で快適に暮らすには、家の遮音性を高めて、日当たりを良くするためになるべく壁の仕切りを少なくすることをおすすめします。

もし、間口の狭い家の購入に迷っている場合、リバティーエステートにご相談ください。一人ひとりの悩みに沿ったご提案をいたします。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2024.1.12

築30年マンションのメリット・デメリットとは?後悔せずに買うためのポイントを紹介

「築30年のマンションは何年住める?」 「築30年のマンションを買って、後悔しないか心配」 初めて中古マンションを買うときは、不安を…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る