リフォーム

断熱性バツグン! 快適な住空間に欠かせない複層ガラス

断熱性バツグン! 快適な住空間に欠かせない複層ガラス

住まいの断熱性を高めるには、窓の断熱性を高めるのが効果的だということがわかっています。
ここでは、断熱性の高い窓ガラスとして人気の「複層ガラス」について、その特徴やメリットなどをご紹介します。

複層ガラスの特徴

複層ガラスとはその名のとおり、2枚のガラスで作られたガラスのことをいい、ペアガラスとも呼ばれています。

断熱効果を高めるために、2枚のガラスの間には熱伝導率が低いアルコンガスが入っていたり、真空状態になっていたりします。
ガラスとガラスの間にアルコンガスが入っていることにより、外の冷たい空気や熱い空気が室内に入るのを防いでくれるのです。
真空になるとさらにその効果が高まり、とても断熱性に優れたガラスだといえます。
断熱効果をより高めるには真ん中の空洞の厚みは厚いほうが良いとされています。

1枚だけのガラスよりも複層ガラスのほうが断熱効果が高いため、寒冷な地域では複層ガラスを使っている住宅が多いです。

複層ガラスのメリット

窓ガラスが単板ガラスの場合、外の冷たい空気や熱い空気が直接室内に影響します。
暖房やクーラーをつけても、窓から熱が逃げてしまったり、冷却効果がイマイチだったりと効きが悪くなってしまいます。
窓ガラスを複層ガラスにすると、外の気温が室内に影響しにくくなるため、冬は暖かく、夏は室内の気温上昇が抑えられます。
外気を遮断してくれる複層ガラスは、省エネや高熱費の節約に役立つのです。

また、複層ガラスが外の寒さをシャットダウンしてくれることで、冬の結露防止にもなります。
寒い冬、室内が暖かくて外との気温差が大きい場合、窓に結露が生じます。
結露はそのまま放置しておくと、カビの原因にもなるため、なるべく結露するのを防ぐことが望ましいです。
複層ガラスなら結露の発生を防いでくれて、冬の間の悩みを解決してくれます。

さらに断熱効果の高い「low-e複層ガラス」

さらに断熱効果の高い「low-e複層ガラス」

最近では「low-e複層ガラス」という複層ガラスが人気をあつめています。
low-eとは、英語で「低放射」を意味します。
初めて聞いた人も多いかもしれませんが、このlow-e複層ガラスは従来の複層ガラスよりも断熱効果が高くなっています。
low-e複層ガラスの仕組みは、ガラスの内側の面に金属膜でコーティングが施されています。
特殊な加工により、熱を反射し、空気の移動を抑えてくれる働きがあるため、夏は涼しく、冬は暖かい部屋を実現することができるのです。

さらにlow-e複層ガラスは紫外線もしっかりカットするため、畳の劣化防止や、ガラスの種類によっては火災のときに延焼するのを抑える役割もしてくれます。
low-e複層ガラスは通常の窓ガラスよりは価格も高いですが、快適な住空間を作ってくれるでしょう。