中古マンション購入

独身のマンション購入はメリットとデメリットのどちらが多い?

独身のマンション購入はメリットとデメリットのどちらが多い?

一般的に、マイホームを手に入れようと考え始めるのは結婚して家庭を持ったタイミングが多いものです。
しかし、最近は独身の方でもマンション購入を検討することが珍しくなくなってきました。

豊かな生活と安定した老後のためのマンション購入は、果たして独身の方にとってメリットだけなのでしょうか?
今回は、独身の方がマンションを購入することのメリットとデメリットについてお話しします。

「独身のマンション購入」メリットは?

独身の方がマンションを購入する最大のメリットは、将来的に月々の家賃の負担がなくなることです。
賃貸の場合、毎月の家賃支払いが家計を圧迫してしまうということも少なくないですよね。

ですが、一度購入して住宅ローンの返済さえ終わらせてしまえばその後は毎月出てゆく住居費の心配をせずに済むのです。
特に独身の方の老後は収入の減少が心配になりますよね。

収入が減少するまでにローンを完済できれば、管理費や固定資産税などの最低限の必要費用だけに出費を抑えることができるので、賃貸暮らしよりも安心した老後を暮らすことができます。

さらに、不動産は将来的に自分の資産になります。築年数が経過するとともに資産価値は減少する傾向にありますが、駅近の物件や人気エリアにあるマンションであれば中古物件であっても需要があるので、 売却することも可能です。

また、ここ数年は住宅ローンの金利が低くなっています。
今ならば20~30代の方でもローンが組みやすく、独身の方でもマイホームを手に入れやすくなっているのです。
また売主物件として中古マンションを販売している不動産会社では、手数料が不要となるため会社員だけでなく、派遣社員の方、パートの方、母子家庭の方など、ローンが心配な方でも購入できる物件があります。

メリットだけ? 独り身の人がマンションを買うデメリットとは

メリットだけ? 独り身の人がマンションを買うデメリットとは

ここまで独身の方がマンションを購入することのメリットを見てきましたが、もちろんメリットだけではありません。

まず、部屋の設備に問題があったりご近所とのトラブルが起きた場合でも、引っ越しにくいといった点があります。
賃貸ならば簡単に引っ越しを検討することができますが、マンションを購入してローン返済中というような場合にはなかなか難しいですよね。
また、転職や転勤などでその場所に住み続けられなくなってしまう可能性もあります。
結婚して家庭を持つことになった場合なども、その場所で暮らせるとは限りません。

さらに心配なのが、長期的なローン返済が可能かどうか。
独身の会社員の平均的な収入から計算すると、30~35年の長期的な返済計画が一般的ですが、将来のことを考えると滞りなく支払っていけるとは限りません。
万が一のことがあって途中で収入が減ってしまう可能性も否定はしきれないのです。
もしも返済しきれずに売却する、という場合も買った時より値段が大幅に下がってしまう可能性が否定できないので気をつける必要があります。

リスクは高いですが、その分老後に安定した暮らしが手に入る独り暮らしのマンション購入。
「メリットが多い」「デメリットが多い」とは一概には言い難いですが、しっかり計画を立てて購入すれば将来の生活の強い味方になってくれることでしょう。