中古マンション購入

中古マンション内見の注意点とチェックポイント

中古マンション内見の注意点とチェックポイント

中古マンションの購入を決めたら、自分の理想の物件を選び、その物件の内見をすることになります。
中古マンションの内見は、そのお部屋の雰囲気や機能性などを実際に目で見ることができるため、後悔のない物件選びのための重要なポイントです。
ここでは、失敗しない内見を行うための注意点と、内見の際のチェックポイントについてご紹介します。

内見をするためには予約が必要

内見をするためには、その物件を持っている不動産業者に予約をする必要があります。
物件担当者がついていないと、内見をすることはできません。
担当者の都合に合わせて内見する日が決定することもありますし、中古マンションの場合は売り主がまだその物件に居住中ということもありますので、売り主の都合に合わせるということもあります。
内見がしたいからといって、すぐに希望通りの日程で行えるわけではないということを知っておき、スケジュールに余裕を持たせておくようにしましょう。

内見の際に持って行くと便利なもの

基本的に、内見は手ぶらで行くことができます。
しかし、内見は物件選びの要のようなものです。可能なら以下で紹介する物を準備して、万全の態勢で臨むようにしましょう。

・物件周辺の地図
地図があれば、生活圏内にどのような施設があるのかといったことを把握できます。
最近ではスマホの地図アプリなどがありますので、そちらを利用してもいいでしょう。

・間取り図
間取り図は不動産業者が用意してくれることがほとんどですが、念のため事前にもらっておき、持参するようにしましょう。
間取り図と実際の間取りに違いがないかなどチェックするときに便利です。

・メジャー
部屋のサイズを測るときに役立ちます。窓のサイズやドアのサイズなどが間取り図と違わないかなどを調べることができます。
また、家具や電化製品を置くスペースが確保できるかどうか確認する際にも役立つでしょう。

・筆記用具
お部屋の問題点や気になった部分をメモする際に使います。

内見の際に意識したいチェックポイント

内見の際に意識したいチェックポイント

内見の際に意識してチェックしておきたいポイントを紹介します。

・部屋の明るさやニオイなど、部屋の第一印象
部屋の明るさやニオイ、また、天井の高さや部屋の広さなど、お部屋に入ったときの第一印象がどのような感じか意識しましょう。

・トイレ、風呂などの水回り
水回りはカビなどが生えやすく、ニオイなども発生しやすくなります。気になる点がないかチェックしてください。

・天井、壁、床
天井に汚れや傷がないか、壁材や床材が傷んでいないかなどをチェックしましょう。

・ドアや窓
ドアや窓がスムーズに開け閉めできるか、立て付けがしっかりしているかなど確認してください。

まとめ

内見は部屋の中だけ見ればいいというものではありません。
マンションが建っている周辺の環境や、マンションの共用部の設備がどれくらい充実しているかなども確認する必要があります。

また、内見をする際に不動産業者がこちらの質問や要望にしっかり応えてくれるかどうか確認することも、内見をする目的といえます。
内見を行うことで、お部屋の雰囲気だけではなく、物件に関わるすべての情報を得ることができるのです。
これから中古マンションを購入しようと考えている方は、ここで紹介したことを参考にして、後悔のない物件選びをするようにしてください。