春夏秋冬の生活

衣替えをきっかけに新しい自分の魅力を発掘する方法


(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

衣替えはおすみですか?最近は春が短く夏が長いため、冬服から夏服への切り替えが急にやってくる感じがしますよね。衣替えは四季がある日本ならでは。ちょっと面倒ではありますが、季節にあった衣服を纏うという“粋”を、ぜひ楽みたいものです。衣替えをするメリットは、収納スペースの氣の入れ替えができること、断捨離がすすむことなど多くありますが、恩恵はそれだけではありません。以下お伝えすることを意識することで、新しい自分の魅力を発掘する機会にもなりますよ。

クローゼットを観察することでわかることは何?

深層心理でクローゼットは「自己肯定感」が現れやすい場所と言われています。どこに何があるかわからないような乱雑な収納の状態と「自己嫌悪」や「自暴自棄」はシンクロして起こります。クローゼットを観察することは、たとえば思春期のお子さんの現状を知るヒントにもなります。もしも好ましくない状態になっていたら、できれば一緒に、またはさりげなく、クローゼット内を整えるようにしてみてください。また、収納の仕方だけでなく、クローゼットに入っている服の傾向を観察することで、自分の内面や状況を一段階深く見つめることができます。

あなたのクローゼット、並んでいる服に特徴はありますか?


服の色やデザインを観察してみてください。所有している服を眺めながら感じるフィーリングにも注目してみてください。
10年前に流行した服が数多く並んでいる…、同じ色合いの服ばかり並んでいる…、と感じた人もいらっしゃると思います。どちらも残念ながら服を通じて新しい魅力を発掘できているとは言えません。ファッションに自信が持てない感覚もあるかもしれません。実は身に纏う服もお部屋の風水と同様に「変化」を作ることが効果的なのです。

変化といっても常に新しい服を揃えれば良いということではありません。古いものと新しいもの、伝統的なものとトレンドのものを組み合わせることによって見え方も刷新され「変化」が生まれます。お部屋で言うならば、価値を感じているアンティークな家具と新鮮なお花や流行りの小物を組み合わせるような感覚です。新しい服はファストファッションでも十分。流行の色やデザインのトップスなどをワードローブに加えてみるのはさほど難しくないでしょう。お気に入りの服と流行のアイテムを上手に組み合わることで、古い感じはなくなり、センスや個性も表現できます。ポイントはシンプル。クローゼットの中身があなたを魅力的に演出するお気に入りの服ばかりになっていること、そして定期的にアップデートされていることです。

下着やインナーの選手交代はできている?

意外と忘れがちなのが、下着・部屋着・インナー類のメンテナンスです。人から見られるものではないので、多少ほころびや毛玉があっても気になりませんし、肌に馴染んでいるものほどなかなか捨てられなくなりますよね。2〜3シーズン出番がなかったものは、思い切って新しいものと選手交代しましょう。
そして、新しい下着は新年に身につけると縁起が良いと言われますが、新年度、初デート、プレゼンなどの勝負の日など、気分を新たにしたい時、気合を入れたい時にも新しい下着を身につけることはおすすめです。古いというだけでまだ使えるものを処分することに罪悪感を感じる場合は、こうした節目の力を借りて新しいものに変えてみると良いですよ。肌に触れるものですから、くたびれた衣類ばかりにしないこと。新品のエネルギーも取り込みましょう。定期的に真新しいものにすることは自分を高めることにもつながっていきます。

バグアカラーを使って自己演出する方法

クローゼットにある服がみな同じような色合いの人、全体的に地味な服を選びがちな人には、とりわけ服の色の力を借りた自己演出方法をおすすめしたいです。それは、バグアカラーで服を選んでみるというもの。“バグア風水”とは東洋の風水をもとに西洋で発展した風水で、バグア(Bagua)というのは、八卦を英語表記したもの。八つの幸せの側面とそれらをサポートする色やシンボルが受け継がれているのですが、空間にそうした色やシンボルを配置するだけでなく、バグアカラーの服を着ることも風水の活用法の一つ。普段着ない色に挑戦するのは難しいことですが、色の持つ意味合いを知ると試してみたくなると思います。トップスに取り入れてみる、差し色として取り入れてみるなど、ワンポイントでも良いので、普段と違う自分を発掘してみる一助にしてみてください。

★赤系の服・・・仕事運・誇らしい自分をサポート

★ターコイズブルーの服・・・学び/成長運・自分を癒すことをサポート

★鮮やかな緑・・・家族/健康運・若く生き生きした自分をサポート

★メタリックカラーの服・・・創造性・才能や伸びやかな自己表現をサポート

この4つのカラーは、日常的に着る服にはあまりない鮮やかな色ですよね。それゆえメリハリを持って意識に働きかけることができます。ワードローブにない色は、自分が課題と思っているテーマや未開発なテーマかもしれません。今まで着たことのない色の服に挑戦してみるとどんな感覚になるのか、どんな出来事が訪れるのか、楽しむような気軽さで挑戦してみると良いと思います!
いかがでしたでしょうか。クローゼットの衣替えは一石二鳥。空間の氣を整える効果だけでなく、新たな魅力を発掘できるチャンスにもつながっています。ご参考になりましたら嬉しいです。

(風水コンサルタント フジワラユカ)