• 2023.3.24
  • ユニットバスは後悔する?メリット・デメリットから必要か判断しよう はコメントを受け付けていません

ユニットバスは後悔する?メリット・デメリットから必要か判断しよう

「ユニットバスを設置したいけど、後悔しそうで不安…。」と考えている方もいるでしょう。

ユニットバスは断熱性に優れている一方で、浴槽につかりにくいデメリットがあります。メリット・デメリットを踏まえた上で、自分が向いているか判断することが大切です

そこでこの記事では、ユニットバスのメリット・デメリットや向いている人を紹介します。ユニットバスを設置して後悔しないためにも、ぜひ最後までお読みください。

ユニットバスとは

ユニットバスと聞くと、ホテルに設置されているトイレとお風呂が一緒になっている空間を思い浮かべる方もいらっしゃいますよね。

しかしユニットバスとは、工場で製造された壁や床、浴槽のセットを、工事現場で組み立てる浴室を指します。ユニットバスのパーツは工場でまとめて製造されるため、すべて規格品です。

洗面台と浴槽が一緒になったものを「2点ユニットバス」トイレも一緒になったものを「3点ユニットバス」と呼びます。

また、浴槽のサイズをオプションとして選べるので、ユニットバスはシステムバスと呼ばれています。

ユニットバスの3つのメリット

ユニットバスには、以下の3つのメリットがあります。
・掃除しやすい
・断熱性が優れている
・短い工期で済む

メリットが大きい順番から解説します。

掃除しやすい

ユニットバスの壁は表面がつるつるした一枚のパネルを使用しているため、継ぎ目がほとんどありません。そのため汚れが溜まりにくく、掃除がしやすいことがメリットです。

また、水滴を壊すパターンが刻まれた床材を採用し、なるべく室内に湿気が残りにくいように設計されています。最近は、床や浴槽に自動洗浄機能を搭載したユニットバスが発売されているので、忙しい共働きなどのご家庭におすすめです。

断熱性に優れている

ユニットバスは外気の影響を受けにくく、断熱性に優れているメリットがあります。部屋の中にもう一つ部屋を組み立てる二重構造になっているためです。地域によっては壁の裏に断熱性を入れて、保温性能をさらに向上させることもあります。

一般的な浴室は、壁に直接タイルを貼っているだけなので外気の影響を受けることが大半です。冬は寒暖差の影響で、心筋梗塞などのヒートショックを起こすことも考えられます。

短い工期で済む

ユニットバスは、短い工期で完成するメリットがあります。1964年の東京オリンピックの際に、ホテル建設の最短化を目的にしてユニットバスが開発されたためです。

一般的な浴室は工事場所に合わせた施工をするため、完成までに4~8日かかります。一方で、ユニットバスは届いたパーツを組み立てるだけなので、1日~3日で完成するでしょう。

ユニットバスのデメリット

ユニットバスにはメリットも多い一方で、以下のようなデメリットもあります。
・通気性が悪くカビが生えやすい
・設備の後付けが難しい
・お風呂・トイレが同時に使用できない

デメリットが大きい順番から解説します。

通気性が悪くカビが生えやすい

ユニットバスの一番のデメリットは、通気性が悪くカビが生えやすいことです。使用していない際には換気扇を回し、窓を開けましょう。使用後に、浴室の壁に付いた水滴を取ることも必要でしょう。

設備の後付けが難しい

ユニットバスは工事が終わった後に、新しい設備を追加することが難しいケースがあります。ユニットバスは規格で定められたパーツを組み立てているため、新しい設備を追加するには壁の解体など大がかりな工事が必要になるためです。パーツの後付けに対応していないことも少なくありません。また、猫足のバスタブなど規格外のパーツに対応できないことがほとんどです。

お風呂・トイレが同時に使用できない

ユニットバスはお風呂とトイレ、洗面台が一緒になっているため、誰かがトイレなどを利用している間は全て利用できません。友人がお風呂を使用しているときにお腹が痛くなったら、コンビニに走ることがあるでしょう。

ユニットバスが向いている人

ユニットバスに向いている人は以下の通りです。
・自宅のお風呂につからない人
・人を家に呼ぶことが少ない人
・手軽に掃除を済ませたい人

順番に解説します。

自宅のお風呂につからない人

お風呂につからない人は、ユニットバスに向いているでしょう。賃貸はユニットバス付きの物件の方が家賃は安く、旅行や食事などにお金をあてられます。

人を家に呼ぶことが少ない人

友人や恋人と外で会うことが多く、家に呼ばない人はユニットバスに向いているでしょう。家に人が複数いなければ、お風呂やトイレを同時に使用できないデメリットをカバーできます。

手軽に掃除を済ませたい人

水回りの掃除が苦手で、手軽に掃除を済ませたい人にもおすすめです。ユニットバスは壁の凹凸がなく少なく掃除がしやすいため、手軽に掃除ができるでしょう。また、洗面台やトイレとまとめてお風呂を掃除できるので、短時間で済みます。

まとめ

ユニットバスはトイレや洗面台がついているものではなく、セットで製造された浴槽・壁などのパーツを工事現場で組み立てるものを指します。ユニットバスのメリットは掃除がしやすく、断熱性が優れている点です。しかし通気性が悪く、カビが生えやすいデメリットもあります。

ユニットバスが向いている人は自宅のお風呂につからない人や、人を家に呼ぶことが少ない人です。ユニットバスのメリット・デメリットを把握した上で、自分が向いているか検討してみましょう。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2023.10.10

分譲マンションのリフォーム費用はいくら?利用できる補助金を解説

「分譲マンションのリフォーム費用を知りたい」 「マンションをリフォームするタイミングに迷っている」 初めて分譲マンションをリフォーム…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る