DIYのおススメインテリア癒しの空間

自分だけの空間を満喫する上手なインテリア術

自分だけの自分のための生活空間。居心地の良さを追求する。居心地のよさとは何でしょう。
居心地のよさは10人いたら10個あるといえます。目の前にある空間に置くインテリア探し、新しいインテリアとの出会いに。1人暮らしを満喫するインテリアを見つける参考にしてみてださい。

最適な空間を追求する

プライベートルームだからこそ誰にも遠慮せずに追求できます。自分にとって快適な住まいに整える。生活に便利、必要なモノがすぐに使えて、片付ける手間を減らした見せる収納。サッと取って出掛ける、動線に沿った配置。私にとって完璧な空間。好きなものを置いて好きな音楽を聴く。一人暮らしに活用したい上手なインテリア術をご紹介します。

季節限定のアイテムはしまう

お部屋を有効に活用するために、季節限定のアイテムはなるべくしまうと良いです。季節の衣替えを行うことで不要なものを片付け、必要なモノだけを置いておく。季節ごとにインテリアを変えることで、生活を豊かにしてくれます。

お気に入りの服やアクセサリーもインテリアに

つるす収納にお気に入りの洋服やアクセサリーを飾れば、それ自体がインテリアになります。お好みのカラーやデザインが揃っているからこそ、インテリアとして映えるのです。
好きに囲まれた空間づくりに効果的です。

掃除アイテムをインテリアにする

収納スペースは限られています。あえてしまうのではなく、出す収納を利用すると良いでしょう。毎日使う掃除機もインテリアに。フック付きの磁石で立てて収納も可能です。
ヘアドライヤーといった使用する場所ごとに使いやすい方法を選ぶのがおススメ。

間取りに合うインテリア

間取りをよく観察し、調べた上でインテリア探し。柱があるなら出っ張りに合ったインテリア選びがポイントです。間取りにフィットするインテリアや家具で余計な幅を取らずに済みます。スペースを最大限に活用することが目的です。生活アイテムを併用するのも術です。ベッドとソファを併用する寝具もあります。
また家具の隙間を活用することもできます。ベッドやソファのスペースに季節限定のアイテムを収納するのも術です。空間を大いに活用するのに有効です。モノをしまう、目につけないことでスッキリとした空間づくりも良いですね。あえてモノを増やさない、持たないというライフスタイルは、本当に好きなモノを見極めるきっかけになることもあります。

備え付け収納の襖を外して収納棚にする

あえて見せる収納の1つが襖を取り外し、見せる収納棚にすることです。奥行を活用できるので、置くモノの幅を広げられます。さらに工夫した活用方法がデスクとして使用すること。台の高さが椅子を置いて作業するのにぴったりです。アイデア次第で備え付けのモノはいくらでも用途を発展し便利に使いこなせるのです。ご自宅のスペースを最大限に活用できます。

カラーの種類は少なく統一感のある空間

間取りの広さにもよりますが、できる限りカラーの種類を抑えることでお部屋全体の印象が変わります。壁や床と同じカラーを選べばスッキリした印象を与えます。お部屋にカラーが溢れるとごちゃごちゃした印象になるので注意しましょう。好きなカラーを全て取り入れるというよりも、1色でトーンを変えると落ち着いた雰囲気になりますよ。

一人暮らしを満喫する空間にぴったりなインテリア

賃貸住宅でのお部屋づくりは注意が必要です。壁に穴をあけるタイプは避け、置く家具選びが必要です。マイホームであれば、基礎から修繕できるリノベーションがあります。使い勝手の良い棚を備え付けるなど、より自分に合う家造りも可能です。快適な住まい造りを現実にします。

インテリアは自分で造るモノ

インテリアや家具は市販のモノを買うだけではありません。DIYなら、間取りや好みにマッチする満足のモノを造ることもできます。天然素材を選ぶことからできるため、好みのインテリアです。モノづくりが好きな方は、ぜひトライしてみてください。

あえて置く、整えておく

生活空間は生活する方にとって最適であるのが一番でしょう。ゆとりを大事にしたい方、生活アイテムがサッと使えるよう見える空間を好む方。様々です。あえて置くならば整えておけば、それだけですっきりとしています。モノを探す手間もありません。最適と感じる空間は、住む方それぞれに異なります。自分に最適なお部屋づくり。1人で暮らすお部屋づくりは楽しいものです。試行錯誤を繰り返しながら、ぴったりなインテリアが見つかります。インテリアを置いてみたけど、やっぱり違うなということもあります。お気に入りのカラーにしたけど、落ち着かないことも。思い切って変えてみるなかで、ご自身にぴったりな空間になっていきます。変化を楽しめるのもインテリア探しの楽しみかもしれません。