収納暮らし

散らかりにくいマンション選びでいつでも快適に過ごそう!

散らかりにくいマンション選びでいつでも快適に過ごそう!

散らかりにくい快適な部屋で生活するには、収納スペースが充実したマンション選びが重要です。いくらリビングや寝室が広々でも、物をしまうスペースがなくては生活空間が物で溢れてしまいます。
ここでは、散らかりにくいマンションを選ぶためのポイントをご紹介します。

必要なところに必要な収納があるか

散らかりにくい生活空間を生むには、必要なところに必要な収納スペースのあるマンション選びが重要です。
収納スペースはあっても一か所にまとまってしまっていては、物を使うときにいちいちそこへ行かなくてはいけなくなり不便です。結局出しっぱなしになってしまって部屋が散らかってしまうということにもなりかねません。
適材適所に収納スペースがあるかどうかしっかり確認しておきましょう。

玄関にシューズクロークがあるか

玄関は何かと物が増えてしまう場所です。靴だけではなく、傘や自転車などが置かれることも多いでしょう。
その際に、単なる靴箱では散らかった玄関になってしまう可能性があります。その点、玄関にシュークロークがあると、靴だけではなく傘や自転車、ベビーカーといったものも収納することができます。間取り図では「SC」または「SIC(シューズインクローゼット)」などと表記されますので、マンション選びの際には、間取り図上でまず探してみてください。

ウォークインクローゼットがあるか

ウォークインクローゼットがあることで、生活空間をよりすっきりさせることができるようになります。「面積を取る分、生活空間が狭くなってしまうのではないか」と不安に思う方もいるかもしれませんが、面積が広い分、よりたくさんの物を収納でき、生活空間が散らかりにくくなるのです。
衣類なども分類して保管しやすくなりますし、鏡を設置することでクローゼット内で着替えを行えるようになり、生活のしやすさも向上するでしょう。
生活空間を少し削っても充分導入する価値のある収納であると言えます。

キッチンパントリーがあるか

キッチンは調理用具はもちろん、食器や食料品など、いろいろな物が集まる場所です。物が集まりやすい分散らかりやすい場所であるとも言え、キッチン専用の収納スペースは是が非でも確保しておきたいところです。
キッチンをすっきりと散らかりにくくしたいのであれば、キッチンパントリーのついているマンション選びが大切になります。キッチンパントリーとは、キッチンの脇に設置されている食品庫のようなスペースのことを指し、保存食品はもちろん、滅多に使わない調理器具や冷蔵庫、電子レンジなどのキッチン家電を置くといった使い方ができるものです。
キッチン専用の収納スペースがあることで調理のしやすさが大幅に変わります。マンション選びの際は、キッチンパントリーの有無についても注目してみてください。

散らかりにくいマンション選びでいつでも快適に過ごそう!

まとめ

散らかりにくいマンション選びのポイントをご紹介しました。
散らかりにくい生活空間をキープするには、やはり収納スペースが充実しているかどうかはとても重要です。シュークローク、ウォークインクローゼット、キッチンパントリーといった収納スペースがあるとないとでは、散らかりやすさに大きな差が出ます。
これからマンションを購入しようと検討中の方は、ここで紹介したポイントを参考にして、散らかりにくいマンション選びをするようにしてくださいね。