暮らし

どのくらいの広さが必要? ガーデニングが楽しめるバルコニー

どのくらいの広さが必要? ガーデニングが楽しめるバルコニー

マンションに住んでいると庭を持てないため、ガーデニングや家庭菜園を諦めている方も多いかもしれません。しかし、マンションでもバルコニーでガーデンニングを行うことができます。
「でもバルコニーって狭いから難しいんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、バルコニーであってもある程度の広さがあればガーデニングは可能です。
ここではガーデニングをするにはどのくらいの広さが必要なのか、またバルコニーでガーデニングを行う際のポイントをご紹介します。

ガーデニングをするにはどのくらいの広さが必要?

バルコニーでガーデニングをしたいのであれば、育てる予定の植物のサイズについて考慮する必要があります。また、洗濯物を干したりもしたいのであれば、その点についても意識しておかなくてはいけません。
育てる予定の植物のサイズ(背丈)が低いのであれば、その上に洗濯物を干すことができるので、奥行きが90~120㎝あればガーデニングを行えます。もしも植物のサイズが大きいのであれば、洗濯物を干すスペースを踏まえると、100㎝以上の奥行きは必要です。
一般的に「狭い」と思われるバルコニーは「奥行き90㎝以下」のものが多いので、自宅のバルコニーがそこまで狭いと思わないのであれば、充分ガーデニングを行えると言えます。とはいえいわゆる庭ほどの広さはないと思うので、バルコニーでガーデニングをするのであればポイントやコツを押さえて行うようにしましょう。次項で、バルコニーでガーデニングをする際のポイントをご紹介します。

バルコニーでガーデニングをする際のポイント

バルコニーでガーデニングをする際のポイントは、限られたスペースを有効活用することです。アイデアとしては以下のようなものがあります。

・プラントホルダーをバルコニーの壁にかける
バルコニーはいくら広いと言っても面積が限られています。床面に置くのではなく、壁にかけるようにすることで、スペースを有効活用できます。プラントホルダーやプラントハンガーなどが販売されていますので、ぜひ活用してみてください。

・フラワーラックで縦置きにする
こちらも狭いバルコニーで活用できるアイデアです。フラワーラックを置き、鉢植えやプランターを縦に置くことで、スペースを有効活用できます。フラワーラック自体にもさまざまなサイズやデザインがありますので、ガーデニングの楽しさを存分に味わうことができます。

どのくらいの広さが必要? ガーデニングが楽しめるバルコニー

まとめ

せっかくバルコニーがあるのであれば、洗濯物を干すだけだったり、物を置いておくだけだったりするのではもったいないですよね。ガーデニングを行うことで、マンションに住んでいながら緑のある庭が手に入ったような気持ちになれ、生活に彩りが生まれます。
バルコニーでガーデニングをしたいと考えている方は、ここで紹介したことを参考にしてみてくださいね。アイデア次第で狭いバルコニーでもガーデニングを行えますよ。