デザイン暮らし

温もりあふれる部屋に! 北欧風インテリアのポイント

温もりあふれる部屋に! 北欧風インテリアのポイント

スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランドといった北欧諸国で生まれた家具や小物、インテリアデザインは、日本でも根強い人気が続いています。
北欧デザインの家具を取り入れて北欧風のお部屋にしてみたいけど、具体的にどんなコーディネイトにすれば良いかわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで、北欧風インテリアのポイントをご紹介したいと思います。

シンプルかつモダンな家具

北欧の家具は、シンプルで機能的なデザインが特徴です。木材や皮などナチュラルな素材が取り入れられるため、モダンでありながら温かみを感じさせてくれます。

こうしたシンプルかつモダンな家具を選ぶのは、北欧風インテリアの基本です。
IKEAをはじめ、北欧発の家具ブランドは日本でも入手しやすいものが多いので、本場の北欧家具を取り入れてみるのも良いですね。

シンプルでナチュラルなものは日本人の好みに合うため、日本で作られる日本製の家具にも、北欧風のお部屋に似合うものはたくさんあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでください。

ファブリックを上手に取り入れる

北欧デザインと言えば、鮮やかな花柄プリントなどで有名なマリメッコなどの印象的なファブリックを思い浮かべる方も多いでしょう。

北欧では、植物や動物、鳥などをモチーフにした柄や幾何学模様をプリントした自然素材の生地が豊富に作られています。
カーテンやクッションカバー、ベッドカバーなどにこうした北欧ファブリックを取り入れるだけで北欧っぽさがぐっと高まります。

また、気に入ったファブリックをパネルにして絵やポスターのように飾る「ファブリックパネル」も北欧ではおなじみのインテリアアイテムです。

ナチュラルで温かみのある照明

清潔感を印象づける植物

北欧諸国では、厳しく長い冬、そして長い夜を室内で過ごすことになります。

そんな長い夜を楽しむために、優しく温かみのある照明を取り入れるのも北欧風のお部屋の基本です。
デザインはゴージャス過ぎずシンプルなものが多いですが、それでいてモダンになりすぎず明かりを灯したときに美しい陰影が表現されるような照明が似合います。
電球色は、昼光色や昼白色よりも温かみのある電球色がおすすめです。
キャンドルなどを合わせて使うのも良いですね。

まとめ

北欧風インテリアのポイントをご紹介しました。シンプルでナチュラル、温かみのある北欧風インテリアは、日本人の性質や暮らしにもなじむ部分が多いです。
そのため、日本でも人気が高まってくるのでしょう。

今回の情報を参考に、上手に取り入れて居心地の良い北欧風のお部屋を作ってはいかがでしょうか。