エリア暮らし

どんな方法がある? 中古マンション情報の探し方

どんな方法がある? 中古マンション情報の探し方

中古マンションはとにかくその数が多く、チラシ、インターネットなど様々な場所に情報が散らばっています。
またすぐに売れてしまう掘り出しもの物件もあるので、いかに上手く情報を収集できるかがカギとなります。
では、中古マンション情報の探し方はどうすればいいのでしょうか? その方法をご紹介します。

(1)折り込みチラシで探す

中古マンション情報の探し方として、まず挙げられるのが「折り込みチラシ」。新聞や地域誌に折り込まれたたマンション紹介のチラシです。
折り込みチラシのメリットは、地域密着型であること。
「地域の折り込みチラシなら掲載しよう」という物件オーナーもいるため、時には掘り出しもの物件が見つかることもあります。
またチラシは持ち運びできるため、現地に探しにいく際にも持っていけて便利です。
デメリットは、情報が遅れること。チラシの場合は、編集から印刷、配送までの期間が発生するため、その分情報が遅れ古くなりやすいです。

(2)インターネットで探す

中古マンション情報の探し方として、続いて挙げられるのが「インターネット」。PCやスマホで「中古マンション情報サイト」にアクセスし、お目当ての物件を探す方法です。
インターネットのメリットは、掲載されている物件数が多いこと。
全国各地の中古マンション情報が集結し、検索機能もあるため、希望に合った物件を探しやすいです。メールなどで直接担当者に問い合わせできるのもうれしいところ。
デメリットは、閲覧者が多いこと。
インターネットは数多くの人が閲覧しているので、欲しい物件が見つかっても既にライバルに押さえられていることもあります。
またインターネットに掲載を嫌がるオーナーが一定数いますので、掘り出しもの物件と出会えないこともあります。

(3)仲介業者と連携する

「仲介業者」を利用する方法もあります。中古マンションを扱っている仲介業者を訪ね、仲介業者の担当から直接マンション情報を得る方法です。

仲介業者を利用するメリットは、情報が早いこと。仲介業者の場合、物件オーナーから依頼されたばかりの売却情報を押さえていることが多いので、人気物件の売却情報を見つけやすいです。また、チラシやインターネットいずれにも掲載されない「未公開物件」の情報を得ることもでき、掘り出しものが見つかることもあります。
デメリットは、手間がかかること。仲介業者と話し合いをする必要があり、やや面倒です。
また「せっかく探してくれたのだからそこで買おうかな」と余計な雑念が入ってしまうこともあります。

(4)自分の足で探す

最後に自分の足で探すのも一つの手です。街頭などに貼られている中古マンション売り出しの看板を探し、直接オーナーに問い合わせる方法ですね。
自分で探すことのメリットは、掘り出しもの物件が見つかること。
ライバルとの競合も起きにくく、良物件が見つかることがあります。また掲載料や仲介手数料分、価格を安くしてくれることもあります。
デメリットは、探すのに苦労すること。自分の足で一つ一つ探すというのは時間も手間もかかり、時にはお目当ての物件がまったく見つからず苦労が水の泡になることもあります。

どんな方法がある? 中古マンション情報の探し方

中古マンションはとにかく物件数が多く、工夫しないと見つからない掘り出しもの物件も多いです。
そして最大のポイントともいえるのがタイミング。中古マンション情報は水物で、いざ売りに出されてもすぐに売却済みになってしまい、手を出せないこともあります。
一つの方法にこだわるのではなく、いつくかの方法を組み合わせ、効率よく探していくのがコツ。
今回紹介した方法にはそれぞれメリット・デメリットもありますので、自分にあったタイプで探しつつ、できれば一つではなく組み合わせて情報収集を行うのがおすすめです。
大きな買い物なので、探し方を模索し、納得のいくマンションを見つけたいですね。