リフォーム水回り

水回りのリノベーションにかかる費用はどのぐらい?

水回りのリノベーションにかかる費用はどのぐらい?

浴室や洗面所、トイレなどの水回りは、日常的に水を使うため汚れや傷みが目立ちやすい場所です。
小まめに掃除していても、なんとなく古くなってきた印象を受けることも多いのではないでしょうか。

また、水回りの機器の故障やトラブルなども心配ですよね。
設置からある程度時間が経ったら、リノベーションを検討するのがおすすめです。
今回は、水回りのリノベーション費用についてご紹介します。

浴室リノベーションの費用相場 50~150万円

浴室のリノベーションを行う場合にかかる費用は、現在の浴室が在来工法(木造軸組工法)なのかユニットバスなのか、またどの程度のリノベーションを行うかにより金額がかなり変わってきます。
水栓金具やシャワーヘッドの交換、浴室乾燥機の取り付けなど、ちょっとしたリノベーションであれば工事費を合わせても数万円から15万円程度が相場です。

在来工法の浴室で浴槽や風呂釜を交換する場合は、50万円程度。
在来工法からユニットバスへの変更や、ユニットバスを新しいユニットバスに交換する場合は、90万円から150万円位でリノベーションする人が多いようです。
内訳は、ユニットバスの価格が50万円から100万円、工事費用が40万円から100万円といったところです。

洗面所リノベーションの費用相場 8~80万円

洗面所のリノベーションは、洗面台の交換のみであれば比較的低価格で行うことができます。
一般的な間口(60センチまたは75センチ)で標準的な機能の洗面台の価格は5万円から10万円が相場。
これに交換のための工事費用が3万円から5万円程度なので10万円前後が目安となるでしょう。

洗面台の交換と合わせて、洗面所の内装(壁や床)のリノベーションも行う場合は、洗面台の価格に加えて工事費用が15万円から20万円程度かかります。
標準的なユニットタイプの洗面台を使用せず、洗面ボウルやカウンター、水栓などを選んで組み合わせるシステムタイプの洗面台に入れ替える場合は、どの組み合わせを選ぶかにより変わってきますが、 洗面台の価格帯の相場が20万円から60万円とユニットタイプよりも高くなるのが一般的です。

トイレリノベーションの費用相場 20~100万円

トイレリノベーションの費用相場 20~100万円

トイレのリノベーションは、便器または便座の交換がメインとなり、費用の多くを便器の価格が占めることになります。
現在の便器はそのままで、便座だけを暖房温水機能付きのものに交換するのであれば10万円未満でリノベーションが可能です。

便器の取り換えを行う場合、標準的な暖房温水機能付き便器の価格は15万円前後。近年人気のタンクレスタイプの便器を設置する場合は、新たに必要になる手洗いカウンターと合わせて30万円前後が相場となります。
これに、設置・内装工事費用が10万円から20万円程度といったところでしょう。

和式トイレから洋式トイレに変更する場合は、配管など基礎部分からの工事が必要となるため、便器などの費用に加えて工事費用が30~40万円かかります。

まとめ

以上、水回りのリノベーション費用の相場についてお伝えしました。
価格帯を把握することで、リノベーションの計画を立てやすくなるはずです。
トイレやキッチンなどを新調したいと考えている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。