リフォーム

どんな環境がいい? 子育てしやすい家づくりのリフォームポイント

どんな環境がいい? 子育てしやすい家づくりのリフォームポイント!

子供が生まれる予定が立つと、子供に合わせて住宅のことを考えるようになるものです。
特に子供がはしゃぎまわると、家の中でも危険な目に遭うことも少なくありません。
そこで今回は、リフォームやリノベーションで取り入れることができる子育てのしやすい住宅について紹介していきます。

(1)母親が常に見守れる環境をつくるび

子育てを考えた住宅を求めるうえで、まず大切になってくるのが「安全性」です。
小さい子供は、親の目が届かないことで大けがにつながることもあります。
このようなことから、子供が遊ぶスペースには、常に母親などの目が届くように工夫しておくことが大切です。

たとえば、リビングやキッチンなどです。リビングで子供が一人で遊んでいたとしても、目を切らすことがないように、食事以外でも子供が過ごせるような空間にしておくことが良いでしょう。
また調理中でも子供を見守り続けられるように、対面式のオープンキッチンにすることもおすすめです。

キッチンを設けるのに、広いスペースを確保できる場合には壁とキッチンがつながっていない「アイランドキッチン」というタイプを採用するのもおすすめです。
動線が多くなるため、子供に何かあれば、すぐに駆け付けることができますし、何より部屋全体に開放感が生まれます。
遊びたい世代の子供が、すくすくと育ってくれる環境だと言えるはずです。

(2)一人で遊ばせる場合には和室がおすすめ

小さい子供の場合は、あまり一人で遊ばせたくないことでしょう。ですが、一緒に遊んであげることにも、体力的な限界があったり、どうしても外せない用事があったりするものです。
そうした場合に役立つのが和室です。洋室スタイルのリビングなどとは異なり、基本的に座って利用することを目的とする和室の場合は、とりわけ段差が少ないからです。
そのため、子供が一人で遊んでいて、椅子の上から落ちるといった危険が少なくなるはずです。

また子供を寝かせる場合においても、畳の上で寝かしつけることができるので、ソファーのように落ちるような危険を気にする必要がありません。

(3)子供の成長を促す収納スペース

子供の成長を促す収納スペース

小さな子供がいる家庭では、子供のおもちゃや荷物などがリビングに溢れかえっているということも少なくありません。
片付けを行うことを面倒に感じることも少なくありませんし、何より子供の成長に良いとは思えないものです。

そんなときに役立つのが、子供用の収納スペースです。子供が自分で片付けを行えるおもちゃなどの収納場所を用意してあげましょう。
たとえば、リビング内のクローゼットや、階段下のスペースなど、一人で運んだとしても、子供が危険な目に遭いにくい場所がおすすめです。
片付けが習慣づくと、部屋の清潔感が保たれるだけではなく、子供の成長にもつながるため、収納スペースが一石二鳥の設備となります。

まとめ

子供が生まれることで、住宅にはいろいろな役割が求められるようになります。
今回紹介した内容を参考にリフォームやリノベーションを行うこと、より子育てに適した環境を整えることができるはずです。
子供の人生が育まれる住宅、少しでもよりよい環境で子育てができるように、一度家作りの専門家とご相談してみてはいかがでしょうか。