中古マンション購入

独身女性のマンション購入で考えておきたいポイント

独身女性のマンション購入で考えておきたいポイント

「将来売却できる資産を持ちたい」「自分の理想通りにリフォームしたい」というような理由で、マンションの購入を検討する方が増えています。マンションは結婚をした人がマイホームとして購入するものだと思っている方も多いかもしれませんが、近年では独身女性のマンション購入が増えているのも事実です。
ここでは、独身女性がマンションを購入する際に考えておきたいポイントをご紹介します。

売却しやすい物件を選ぶ

独身女性がマンションを購入する際は、購入する物件が世間的に見ても価値があるかどうかという点に注意しておく必要があります。独身女性はいつまでその物件に住み続けるかどうかわかりません。転勤などで引っ越す可能性があるというのも理由のひとつですが、それよりも結婚をする可能性があるというのが、大きな理由になります。
「もう結婚はあきらめた」と言っているような方でも、素敵な出会いがあって結婚に至るかもしれません。相手の方が自分のマンションに入ってくれることもあるかもしれませんが、一人暮らし用に購入したマンションであれば夫婦二人で住むのには手狭でしょうし、いずれ子どもができるかもしれません。そうなると新しい家を探すことになるでしょう。
そのような際、そのマンションを売却するにせよ賃貸として貸し出すにせよ、世間的に魅力的なものであるほうが、買い手、借り手探しに苦労しません。
物件選びの際は、いずれ売却したり賃貸に出したりする可能性があるというのを念頭に置き、自分の趣味に固執せず世間的に見ても価値がある物件(駅が近い、間取りが広いなど、一般的に人気のある物件)を購入するようにしましょう。

必ず親に相談する

独身女性のマンション購入で考えておきたいポイント
独身女性がマンションを購入する際は、必ず親に相談するようにしましょう。大きな買い物ですからマンションを購入する際は家族に相談しておくべきでしょうが、独身女性は特にしておくべきであると言えます。
親はやはり、わが娘には結婚をしてほしいと考えているものです。その娘が突然何も言わずにマンションを購入したら親は「結婚しないのかな」と不安になります。マンションを購入する理由には人それぞれあると思いますが、マンション購入と結婚するかしないかというのはまったく関係のない話です。マンションを購入したからと言って結婚できないわけではないですし、マンションを購入しないからと言って結婚できるわけでもありません。
物件の値段やローンの組み方にもよりますが、マンションを購入しても月々8万円程度の出費になることだってあります。都内であれば、ワンルームマンションの賃貸でも家賃がそれぐらいするのはざらですから、持ち家ができることを考えれば、独身女性がマンションを購入することになんら不自然なことはないのです。
マンションを購入する際は、そのようなことを両親にしっかり説明したうえで相談し、余計な心配をかけないようにしておきましょう。

まとめ

独身女性でマンションを購入することに躊躇している方もいるかもしれません。確かに世間には「独身女性がマンションを購入する=結婚しない」というふうに考える風潮が残っています。しかし女性の社会進出が盛んになっている現代社会、そのような考え方は過去のものです。気にする必要はいっさいありません。
マンションを購入したいと考えている独身女性は、ここで紹介したことを念頭に置いてマンションを購入しましょう。