• 2023.3.6
  • 浴室乾燥機のメリット・デメリットとは?電気代についても分かりやすく紹介 はコメントを受け付けていません

浴室乾燥機のメリット・デメリットとは?電気代についても分かりやすく紹介

浴室乾燥機の設置を考えていても、電気代がどのくらいかかるのか気になっている方もいるのはないでしょうか。

この記事で解説する浴室乾燥機の電気代や、メリット・デメリットを知ることで、ご自宅に本当に必要かどうか判断できるようになるでしょう。浴室乾燥機を設置して後悔しないために、ぜひお読みください。

浴室乾燥機のメリット

浴室乾燥機のメリットは、以下の3つです。

・いつでも洗濯ができる
・浴室のカビ対策につながる
・快適に入浴できる

メリットが大きい順番で解説します。

いつでも洗濯ができる

浴室乾燥機の一番のメリットは、いつでも洗濯ができることです。梅雨の時期でも天気に関わらず干せるため、時間が限られている方には向いているでしょう。また、花粉や黄砂、PM2.5が気になる日でも安心して洗濯できます。

浴室のカビ対策につながる

浴室乾燥機を設置することで、カビ対策に繋がります。湿気を抑えるために、換気扇を回していてもカビが生えてしまうことは、少なくありません。浴室乾燥機は換気だけではなく浴室内を温めて乾燥させるため、カビが生えにくくなります。

快適に入浴できる

浴室乾燥機は洗濯物を乾燥させるだけではなく、冷暖房の機能もついているため、1年中快適に過ごせます。特に、冬のヒートショック予防になるのがメリットでしょう。

ヒートショックとは、室温の急激な変化によって血圧が上下し、身体にダメージを与えることを指します。心筋梗塞や脳梗塞を起こし、ひどい場合には死亡に繋がることも少なくありません。浴室乾燥機を設置することで、暖かいダイニングとバスルームの室温の差を減らし、ヒートショックを予防できるでしょう。

浴室乾燥機のデメリット

メリットが多い浴室乾燥機ですが、設置する前に知っておきたいデメリットが2つあります。

・フィルター掃除に手間がかかる
・干すスペースに限りがある

デメリットが大きい順に解説します。

フィルター掃除に手間がかかる

浴室乾燥機にはホコリが溜まりやすいフィルターがついているので、掃除の手間がかかります。浴室乾燥機は高さがあり、取り外しを面倒に感じてしまう方もいるでしょう。
フィルター掃除を怠っていると洗濯物を乾燥させるまでに時間がかかり、電気代が余計にかかるだけでなく、健康にも良くありません。

干すスペースに限りがある

浴室で洗濯物を干すスペースは、一般的には浴槽の真上のスペースです。ベランダに干すときに比べると、狭くなってしまうことが多いでしょう。家族が多かったり、洗濯物が多く出たりする家庭では、一度で洗濯物を干しきることが難しい場合もあります。また、2回に分けて洗濯物を干す手間がかかることも考えられます。

浴室乾燥機の設置がおすすめの人とは?

浴室乾燥機を設置するかを考えていても、本当に必要か迷う方も多いでしょう。ここからは浴室乾燥機の設置が向いている人を紹介します。

・洗濯物を室内で乾かしたい人
・部屋干しの臭いが気になっている人
・天気に関わらず洗濯したい人

向いている順番に解説します。

洗濯物を室内で乾かしたい人

洗濯物を室内で乾かしたい人には、浴室乾燥機が向いています。花粉や黄砂だけでなく、道路が近い場合は排気ガスが気になる方もいるでしょう。ご近所からの視線が気になって、外干しに抵抗がある方にもおすすめです。

部屋干しの臭いが気になっている人

部屋干しの臭いが気になっている人にも、浴室乾燥機は向いているでしょう。部屋干ししていると、少なからず生乾きのような臭いが付くことがあります。特にアパートやマンションでは密閉性が高いため洗濯物が乾きにくく、部屋干し臭が付くこともあるでしょう。浴室乾燥機を使えば、臭いが付きにくくなります。

天気に関わらず洗濯したい人

幼い子どもがいる場合や、夜勤や日勤などで仕事のシフトが変動する場合は、洗濯日和の日に干せないこともあるでしょう。天気に関係なく、自分のスケジュールに合わせて干したい方には浴室乾燥機が向いています。

浴室乾燥機の電気代はどれくらいかかる?

浴室乾燥機を設置したいと考えていても、電気代がどのくらいかかるのか気になる方もいるでしょう。浴室乾燥機の電気代は、地域や電力会社によっても異なりますが3時間当たり100円程度です。たとえば、毎日洗濯して浴室乾燥機を利用した場合は、1ヶ月3,000円程度かかります。

毎月支払うと考えると、負担は少なくありません。浴室乾燥機を効率よく使うためには、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

・抑えるためには洗濯物の間隔をあける
・フィルター掃除をこまめに行う
・浴室の湿気を取り除く

入浴後に浴室乾燥機を使いたい場合は、浴室の壁に付いている水分をふき取ると効率よく洗濯物が乾くでしょう。

まとめ

浴室乾燥機はいつでも洗濯でき、浴室のカビ対策にも有効です。しかし、フィルター掃除に手間がかかり、干すスペースが限られるデメリットがあります。浴室乾燥機の設置が向いている人は、部屋干しの臭いが気になっている人や天気に関わらず洗濯したい人に向いています。

浴室乾燥機は3時間当たり100円程度かかるので、使い続けるには経済的な負担もあるでしょう。効率的に浴室乾燥機を使いたい場合は、洗濯物の間隔を広げ、浴室の湿気を取り除くことがポイントです。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2024.1.26

ペアローンはやめた方がいい?おすすめの支払い方法を解説

「ペアローンはやめた方がいい?」 「ペアローンを契約して、後悔しないか不安」 ペアローンに関するマイナスの意見を聞いて、契約するか迷…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る